【謎】Google RammusがGeekbench登場、Core i7-8500YにRAM8GB搭載

公開日: : Google Nexus

2018年10月に発見された『Rammus』が再び姿を現しました。

今度はベンチマークサイト”Geekbench”に登場した『Google Rammus』を名乗るデバイスはIntel Core i7を搭載、メモリも倍増しています。

Google-Rammus

Google RammusがGeekbench登場

Geekbenchに掲載された情報によると『Google Rammus』はIntel Core i7-8500Uプロセッサ(4.2GHzデュアルコア)を搭載、以前はIntel Core m3-8100Yプロセッサだったことから大きな変化となっています。

しかし、これを伝えたMySmartPriceによれば、いずれもTDPは5Wであることからパフォーマンスは期待するほど向上していないとしています。

このプロセッサは「Pixel Slate」最上位モデルに採用されていることからChromebookのハイエンドモデルになると予想されています。

次にメモリは従来の4GBから8GBに倍増、シングルコアで4054ポイント/マルチコアで8247ポイントを獲得しています。

メモリについては先ほどの「Pixel Slate」は最大16GBであったことから抑えられているという見方もできますし、プロトタイプだからとも考えられます。

OSはAndroid 9.0 Pieとして検出されていますが、実際にはChrome OSではないかとみられています。

Source:mysmartprice

よく一緒に閲覧される記事

Googleストアで「Pixel 3」が24000円の値下げ、「Pixel 3XL」も対象に

Googleは8月1日、同社のフラッグシップ・スマートフォン『Pi

Pixel4 / Pixel 4XLは顎なしベゼルレスか、試作機リーク

Googleの次期スマートフォンPixel 4シリーズについて、新

Google Pixel4 / Pixel4XLのスペック情報がリーク、RAM6GB搭載など

Googleが2019年10月にもリリースすると噂されている次期ス

→もっと見る

PAGE TOP ↑