Appleが6月にも新しいMac Proを披露か、iOSアプリのMac移植ツールも

公開日: : Apple

Appleが6月に開催するWWDC19において、新しいMac Proを披露するほかiOSアプリとMac向けソフトをユニバーサル化するSDKをリリースする可能性が伝えられています。

MacPro2018

Appleが6月にも新しいMac Proを披露か

Bloombergは現地時間2月20日、AppleがWWCD19でソフトウェア開発者向けに主要デバイスで使えるようにするアプリ開発を促進するSDKをリリースするようだと伝えました。

コードネーム「Marzipan」とばれるツールを使うことで開発者はiPhone/iPad/Macむけのアプリケーションを1度に構築できるようになるそうです。

これによりアプリ開発を促進し、最終的な収益を向上させたい狙いだとのこと。

2020年にはiPhoneアプリと同じ方法でMacアプリを変換できるようになることを計画、2021年にはシングルバイナリと呼ばれるiPhone/iPad/Macが1つのアプリケーションになるようです。

そのため、開発者は別々のApp Storeにアプリをアップロードする必要がなくなるとのこと。

また、イベントでは内部でMac Pro新バージョンのプレビューを検討しているようです。しかし、正式な決定が下されたわけではないとも伝えています。

WWDC19は現地時間2019年6月3日に開催されるとみられています。

Source:Bloomberg

よく一緒に閲覧される記事

Apple、新しいiPod touch(第7世代)を本日発表か

Apple製品の発表スケジュールがリーク通りだったことから、第7世代の

iMac Proがメモリ最大256GBを搭載可能に、価格はフルスペックで192万円へ

AppleがiMac発表とともに「iMac Pro」をアップグレード、

Apple「iMac 2019」発表、21.5インチと27インチのスペック・価格

Appleは3月19日、新しいiMacを発表しました。画面サイズは21

→もっと見る

PAGE TOP ↑