microSDが高速かつ省電力化へ、新フォーマット「Express」発表

公開日: : 周辺機器 ,

SDアソシエーションはスペインで現地時間2月26日、バルセロナで開催中のMWC 2019においてmicroSDの新たなフォーマット『microSD Express』を発表しました。

microSD-Express

microSD Express発表

新しいフォーマットは容量によりmicroSDHC Express、microSDXC Express、microSDUC Expressの3種類が用意される。

SDカード向けのSD Expressと同じく、microSD ExpressはPCIeインターフェースを利用して、最大データ転送速度985メガバイト/秒(MB/s)を達成、これはPCIe 3.1およびNVMe v1.3規格によって実現している。

SDアソシエーションはmicroSD Expressフォーマットは下位互換性を維持しながら現行のメモリカードよりも少ない消費電力になるだろうとした。

この技術をスマートフォンやノートパソコンに採用するためには各メーカーが実装する必要があるが、同フォーマットを採用することで拡張メモリのネックであった読み書き速度が1秒985MB/sという内部メモリ(eMMC)と変わらない速度になることから早期対応が予想される。

Source:SDCARD.org

よく一緒に閲覧される記事

TCL、最新の透明カラーレンズ搭載スマートグラス動画を公開

中国TCLは現地時間10月15日、MicroLEDディスプレイで実現し

豆乳メーカー「小さな豆乳工場」購入レビュー、自家製ヨーグルトが簡単に

はちみつ+豆乳だけで作った自家製ヨーグルト(前回の記事へ)は油断すると

歩いて飛べる二足歩行ロボット「LEONARDO」の動画を公開(カリフォルニア工科大学)

カリフォルニア工科大学の研究チームは現地時間10月6日、歩いたり飛んだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑