Sony Xperia 1 発表、世界初4Kスマホ・背面トリプルカメラに瞳AFなどスペック

公開日: : ソニー

ソニーモバイルコミュニケーションズは2月25日、スペインバルセロナで開催されるモバイルの祭典「MWC 2019」にあわせてプレスイベントを開催、そこで世界初4K有機ELスマートフォン『Xperia 1』(エクスペリア ワン)を発表しました。

Xperia-1.1

Sony Xperia 1 のスペック

『Xperia 1』は世界初の4K有機ELディスプレイ(3840x1644ピクセル)を搭載したスマートフォン、アスペクト比は21:9、10bitカラー相当の高い階調表現を実現しています。

新たなコンテンツ体験を実現するCinemaWide(シネマワイド)を採用し、幅72mmの手に馴染むサイズながら約6.5インチの大画面となっています。

HDRの対応に加え、BRAVIAで培った高画質化技術「X1 for mobile」によりSDR映像コンテンツをHDR相当の画質で美しく表示する「HDRリマスター」を新搭載。

ソニー独自UI実装で21:9のアスペクト比を活用した二画面同時表示が可能で、動画視聴しながらSNSするといった21:9マルチウィンドウ表示が簡単に行えます。

また、ゲームをプレイしながら攻略法などを閲覧、パフォーマンスや通知の最適化などが可能な新機能「ゲームエンハンサー」を搭載、広いディスプレイでのゲームをより快適に楽しめるとしています。

さらに臨場感を実現する立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」に対応、映画などの対応コンテンツにおいてワイドな映像とともに没入感ある視聴体験を楽しるとしています。

カメラ性能

Xperia-1

背面に1200万画素のイメージセンサーを採用した3つのカメラを搭載、それぞれ焦点距離26mm(F1.6)/52mm(F2.4)/16mm(F2.4)(35mm換算)の自在に切り替えられるトリプルレンズカメラとなっています。

それにより光学2倍ズームや背景ぼけ撮影、超広角撮影が可能に。

また、デュアルフォトダイオード搭載イメージセンサーにより暗所でも高精度なフォーカスや、新開発の画像処理エンジン「BIONZ X for mobile」による画像圧縮前のノイズ低減処理で暗所撮影における画質が向上したことを挙げています。

瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」にスマートフォンとして世界で初めて対応、さらにAF追従に加え、AE(自動露出)にも追従する10コマ/秒の高速連写を実現、動く被写体でもフォーカスや明るさが合った連写撮影が可能になるとのこと。

動画撮影では、21:9アスペクト比/4K HDR 24fpsで映画のような質の高い撮影が体験できる新機能「Cinema Pro」を搭載しています。

CineAlta(シネアルタ)カメラ『VENICE(ベニス)』などを手掛けるソニーの業務用機器を担当する部門が、ユーザーインターフェイスや画作りを監修。同機能では、「Look(ルック)」の設定によりプリセットの色相を選択可能。

スペック、主な仕様

ディスプレイは最新ゴリラガラス6で保護、筐体はIP65/IP68の防塵防水性能を備え、右側面には指紋センサーを搭載。

CPUにはQualcomm Snapdragon 855プロセッサを採用しているのも特徴です。

重さは180g、厚さは8.2mmでフラットなデザインを採用、背面パネルにはガラス本来の光沢感と艶やかさを強調するソリッドなカラーのガラスを採用し、ブラック、ホワイト、グレー、パープルの4色展開になるとしています。

Source:SONY

よく一緒に閲覧される記事

ソニーが折り畳み画面スマホを2019年12月にリリースか、一部スペック

ソニーがGalaxy FoldとHuawei Mate Xのライバ

ソニーが瞳AFx3眼レンズの6.5型『Xperia 1』を国内披露、本格カメラ仕様で差別化

ソニーモバイルコミュニケーションズは4月16日、新たなフラッグシップ・

Sony Xperia 1 発表、世界初4Kスマホ・背面トリプルカメラに瞳AFなどスペック

ソニーモバイルコミュニケーションズは2月25日、スペインバルセロナで開

→もっと見る

PAGE TOP ↑