Apple Pencil対応『iPad mini 5』発表、Touch IDなどスペック・価格

公開日: : Apple ,

Appleは3月18日、最新タブレット端末としてiPad Airと一緒に最小モデルとなる7.9インチのiPad mini 5を発表しました。処理性能が向上し、Apple Pencil対応となっています。

iPad-mini-2019

『iPad mini 5』のスペック・価格

『iPad mini 5』は同時発表のiPad Airと同じチップA12 Bionicを搭載、iPad mini 4に比べて最大3倍高速となりARやPhotoShopなどの重いアプリケーションにも耐えられるとしています。

画面サイズは変わらず7.9インチのRetinaディスプレイでTure Toneを採用、カメラは背面800万画素/前面700万画素とiPad Airと同じ数値になっていました。

iPad-mini-2019.1

今回の目玉は何といっても最小7.9インチiPad miniでApple Pencilが使えることだと思います。まさにメモ帳、小さなノートとして最適なデバイスです。これは欲しい。

そしてiOS12を搭載し、Multi-Touchジェスチャーに対応しているため大画面iPadと同じように複数のアプリケーションを同時に使うことが可能となっています。

ホームボタンはTouch IDに対応、端末のサインインだけでなくApple Payによる電子決済にも対応しています。

カラーバリエーション・価格

『iPad mini 5』のカラーバリエーションはシルバー/スペースグレイ/ゴールドの3色展開、価格は64GBモデルが4万5800円+税、256GBモデルが6万2800円+税となっています。さらにモバイル通信が行えるCellular機能を追加すると1万5千円が加算されます。

記事投稿時点でのお届け予定日は3月30日~4月1日となっていました。

(追記ここから)

無印iPadと比較したところ、フルラミネーションディスプレイと反射防止コーティング、広色域ディスプレイ(P3)、True ToneディスプレイがiPad mini 5では対応しています。

ちなみにスペースグレイのカラーも背面の色が濃いグレイとなっています。

(追記ここまで)

同時発表のiPad Air
新しい『iPad Air』発表、10.5インチでApple Pencil対応などスペック・価格

リンク:iPad mini 5

よく一緒に閲覧される記事

Apple、日本語のiOS13/iPadOS/macOS Catalina/WatchOS6紹介ページを公開

Appleが各デバイスの最新OSとなる「iOS 13」「iPadO

次期iPhoneシリーズ向けOlixar製カメラプロテクターの販売ページ公開、デザイン確定か

アクセサリメーカーのOlixarが『iPhone 11』向けカメラ

iPhone 2019からUSB-C採用か、Lightningケーブルのイラストが変更

iOS 13のiPhone復元画面で表示されているイラストがLig

→もっと見る

PAGE TOP ↑