ソフトバンク、「Pepper」家庭向けモデルを発表・価格

公開日: : ソフトバンク

ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは4月16日、人型ロボット「Pepper」の家庭向けモデル「Pepper for Home」を発表、同日から予約受け付けを開始した。

pepper-for-home

ソフトバンク、Pepper for Homeの価格・予約開始

「Pepper」は、人の感情を理解したり自らが感情を持つロボット。人間と同じように相手の気持ちや人とのふれあい、状況に応じて複雑に感情が動き、それに応じた行動をとるのが特徴。

「Pepper for Home」は、Androidに対応した「Pepper」の新しい家庭向けモデルで、Pepperの胸にあるディスプレイに表示される画面デザインを刷新し、直感的に使いやすいデザインに変更している。

会話をしていないときは時計やニュース、天気などの生活シーンで必要な情報を表示、さらに「Hi,Pepper(ハイ、ペッパー)」と呼び掛けると、Pepperとの会話を始めることができるようになり、従来よりもPepper と会話しやすくなったとしている。

このほかにもGoogle提供の自然言語に対応した会話型エージェントを開発できる開発プラットフォーム「Dialogflow Enterprise Edition」や、日本マイクロソフトが提供するソーシャル AI(人工知能)「りんな」の技術を応用したAIマーケティングソリューション「Rinna Character Platform」と連携したヒューマノイド用会話プラットフォームを構築している。
これらによって従来では応対が困難だった会話内容に対する返答の正確性が向上、スムーズな会話が長く楽しめるようになったとのこと。

「Pepper」の本体サイズは480(幅)×1210(高さ)×425(奥行)mm、重量が29kg。バッテリー容量は30.0Ah/795Wh、稼働時間は最長12時間以上。

本体価格とプラン

「Pepper」の本体価格は198,000円。加入が必須の「Pepper for Home」基本プランは27,600円x36か月の分割または993,600円の一括払い(いずれも税別)。別途、ロボット手続き手数料(9,800円)が必要。

※予約受付は4月16日より開始。

リンク:Pepper for Home

よく一緒に閲覧される記事

ソフトバンクの2年縛りなし/解約金なし新料金プランで最安プランを探す。価格表のカラクリ

ソフトバンクは9月6日、契約期間と契約解除料もない新しい料金プラン

ソフトバンクが「2年縛り」を2019年9月から廃止へ、ワイモバイルも

産経新聞は9月5日、ソフトバンクが携帯電話料金の契約で定めている「

ソフトバンクが1年間980円の「スマホデビュープラン」発表、月1GBに5分かけ放題+PyaPayキャンペーンも

ソフトバンクは5月8日、ガラケーからスマートフォンに変更する人を対象に

→もっと見る

PAGE TOP ↑