次期macOSでiPadがワコム液晶タブレット化か、新機能「Sidecar」の噂

公開日: : 最終更新日:2019/04/19 Apple

Appleが2019年6月に開催するWWDCで発表が予想されている次期macOS「macOS 10.15」で、Macデバイスに接続したiPadにMacのウィンドウ・アプリを移動できる新機能が追加される可能性が伝えられている。

Mac-LunaDisplay-img-20190417

次期macOSでiPadがwacomタブレット化か

9TO5MacのGuilherme Rambo氏によると「macOS 10.15」で追加が予想されている新機能のコードネームは「Sidecar」と呼ばれており、Macデイバスに接続したiPadや外部ディスプレイにウィンドウを移動できるようになるとのこと。

さらにApple PencilをサポートしたiPadであれば、Macの外部ディスプレイとして使用中に手書き入力が可能となり、iPadをワコムの液晶タブレット端末のようなデバイスとして使うことができるだろうと伝えた。

現在、高い水準で似た機能を提供しているのはiPadをMac用セカンドディスプレイにするサードパーティ製の「Luna Display」で79.99ドルにて販売されている。その他にも有料のiOSアプリが存在している。これらの機能がOS標準でサポートされるとなると大きな話題になりそうだ。

Appleは2019年6月3日にWWDC 2019を開催し、そこで「macOS 10.15」を発表することが期待されている。

サブディスプレイ化に関連する記事

IMG_2702

1.『iDisplay』でAndroidをWindowsのサブモニター化/試用レビューと感想
2.Nexus 7 セカンドディスプレイ化(4) | 「komado」の作法(動画や設定、使い方)
3.Duet Displayが高速描写に対応、iPadをセカンドディスプレイに
4.Chuwi Hi8でサブPC化、『Ten One Design Mountie』を試す
5.タブレットやスマートフォンをサブディスプレイ化、クリップ式『Ten One Design Mountie』購入、開封レビュー

Source:9to5mac / via : instagram

よく一緒に閲覧される記事

iPhone SE第2世代のストレージ速度、iPhone 8より遅いのか

前回ベンチマークアプリAntutuを使ったストレージテスト結果を掲

iPhone SEの64GBモデルは買わないほうがいいよ、と言う話。

iPhone 8の256GBから半額以下のiPhone SEの64

iPhone13は6400万画素と光学5倍ズームなど搭載か

以前よりiPhone13の情報を伝えているリーカーが、新たにiPh

→もっと見る

PAGE TOP ↑