次期iPhoneは前面1200万画素カメラか、背面には超広角レンズ追加とも

公開日: : Apple

次期iPhoneシリーズの前面カメラが1200万画素にアップグレードされるほか、背面には新たに超広角レンズが追加されたトリプルカメラになる可能性が伝えられた。

iphone-11-camera

次期iPhoneのカメラ情報がリーク

Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、2019年にリリース予定のiPhoneに搭載される前面カメラ(TrueDepthカメラ)はF値2.0の1200万画素5P(5枚)が搭載されるだろうと伝えた。

現行モデルは700万画素4P(4枚)、背面に1200万画素を搭載していたことから従来の背面カメラ相当にまでアップグレードされることになる。

背面カメラについては、トリプルカメラ搭載モデルに対してソニー製の画角120度から130度に広げた超広角カメラ(F値2.0の1200万画素)が追加されると伝えている。

この2つの新しいカメラはレンズを目立たなくさせるために黒いレンズコーティングが施されるようだ。

次期iPhoneシリーズのカメラ構成

iPhone-Leaks-20190107.1

次期iPhoneシリーズのカメラ構成については、OLED採用の5.8インチと6.5インチにトリプルカメラ、6.1インチLCDモデルにデュアルカメラを搭載すると伝えた。

現行モデルはiPhone XSシリーズにデュアルカメラ、iPhone XRにシングルカメラを搭載している。

先ほどの黒いレンズコーティングは、OLEDモデルの2機種にだけ採用される可能性がある。恐らくトリプルカメラになるとリーク画像のように美観を損ねないための対策と思われる。

次期iPhoneシリーズの発表は例年通り9月に行われるだろうとも伝えた。

前回のiPhone
iPhone全機種に6万円キャッシュバック #Softbank #MNP

Source:9to5Mac (最新のiPhone記事へ)

よく一緒に閲覧される記事

iPad miniに続き、iPhone 2019もApple Pencil採用の可能性

これまで後継モデルが登場するのかも怪しいと言われていたiPad m

次期Apple Watchはジャパンディスプレイ製OLEDを採用か

Apple関連の情報で有名なアナリストMing-Chi Kuo氏が

次期Apple Watchか、新たにチタンとセラミックの筐体を追加へ

Appleの次期スマートウォッチ『Apple Watch』について

→もっと見る

PAGE TOP ↑