前途多難な『Galaxy Fold』をiFixitが分解、その原因を指摘

公開日: : サムスン ,

修理会社iFixitが発売延期となった『Samsung Galaxy Fold』を分解し、その壊れやすさの原因を探った。やはりディスプレイ部分に問題があったようだ。

iFixit-Galaxy-Fold

iFixit、『Galaxy Fold』を分解する。

iFixitが公開したレポートによると『Galaxy Fold』にはディスプレイ部に問題を2つ抱えているようだ。

1つめは折り畳みディスプレイそのものであるOLEDディスプレイが脆く、通常のスマートフォンにあるガラスカバーの代わりになる保護フィルム部分を剥がす際にディスプレイが壊れてしまうほどだったようだ。

2つめはヒンジ部分にある7ミリの隙間で、そこに不要なゴミであったり湿気といった故障原因が内部に入り込むようだ。実際にレビューでは折り曲げ箇所に気泡ができたという報告があった。

これらが重なってディスプレイ破損に繋がったとみられている。iFixitは『Galaxy Fold』に限らず折り畳みディスプレイ搭載スマートフォン共通の課題となるだろうと報告している。

同社は、Samsungは折り畳み検証試験を2万回クリアしたにも関わらず、レビュー機が数日で壊れてしまったことから、機械による均一なテストではなく人間の扱う力加減の差も指摘している。

修理しやすさは最も簡単とする10からは程遠い2という結果になった。プラスポイントはネジが統一されていること、多くのパーツがモジュール化され交換しやすいことを挙げているが、それ以上にマイナスポイントが大きく、先ほどのディスプレイ本体とヒンジ部に加え、バッテリー交換が困難であることが挙げられている。

新しいことに挑戦するSamsungの挑戦に注目だ。

前回の記事⇒『Galaxy Fold』がレビュー機の故障で発売延期、WSJの動画は炎上中

Source:iFixit / 最新のGalalxy記事

よく一緒に閲覧される記事

『Galaxy Z Flip』の分解レポート、畳めるガラスの場所が判明

昨日ハンズオン動画で折り畳めるガラスディスプレイが爪でもキズをつけ

Galaxy Z Flipの畳めるガラスに問題か、爪でキズ

KDDIが2月18日より予約注文の受付を開始しているSamsung

畳めるスマホ『Galaxy Z Flip』をau独占販売へ

KDDIおよび沖縄セルラーは2月12日、折り畳めるスマートフォン「

→もっと見る

PAGE TOP ↑