2画面アクションカメラ『DJI Osmo Action』発表、価格・発売日

公開日: : 周辺機器

dji-osmo-action

DJIは5月15日、従来のアクションカメラにはない2画面ディスプレイを備えた『DJI Osmo Action』を発表、Amazon.co.jpで販売を開始する。

『DJI Osmo Action』の価格・発売日

DJIと言えば小さなスタビライザー・ジンバルとして有名なOsmo Pocketがあり、アクションカメラの代名詞となっている「GoPro」と比較されていた。今回はDJIから真っ向勝負となる『DJI Osmo Action』のリリースとなる。

本体サイズは65 × 42 × 35 mm と小さく、重さ124gとアクションカメラらしい筐体だ。

最大となるディスプレイは前面1.4インチ、背面2.35インチ。いずれもカラー対応で通常撮影と自撮り撮影に強いアクションカメラとなっている。

カメラは1/2.3 インチ 1,200 万画素(F2.8)で広角145度のワイドレンズを採用、『Osmo Pocket』では仕様のため狭い画角と言われてきたがアクションカメラではGoProのように広範囲を映せる。

動画は4K解像度で60fpsまで、スローモーションはフルHDになるが240fps(8倍スローモーション)まで対応している。

興味深い機能としてEIS(電子式映像ブレ補正)と複雑なアルゴリズムを組み合わせた高度な映像ブレ補正技術「RockSteady(ロックステディ)」を搭載するほか、明部と暗部の間を自然な形で再現できるHDR動画撮影をサポート。
その他、タイムラプス/タイマー撮影、最大120秒の長時間露光撮影が可能となっている。

さらに『DJI Osmo Action』は単体で11m防水をサポート、よく見かける格安アクションカメラはクリアな防水ケースに入れて使うが、『DJI Osmo Action』は防水シールと疎水性コーティングを施すことで水中撮影が行えるという。レンズが防水ケースで覆われないのでクリアな映像が撮影できそうだ。

『DJI Osmo Action』の価格はプライム対応で44820円、発売日は5月17日で既に予約が開始されている。なお、OSMO POCKETはタブクル共同企画で特別クーポンが発行されている。

リンク:DJI OSMO Action

よく一緒に閲覧される記事

ドンキが49800円の50型4K/QLED液晶テレビ(と58型)を発表、発売日

ドン・キホーテは5月14日、プライベートブランド「情熱価格プラス」

旅行や衣替えに、圧縮袋・圧縮バッグ比較5選

最初は冬物をコンパクトに収納すると言う目的で検索していたが、 調べ

無印良品、Amazonでの販売開始

良品計画は5月1日、同社が展開する「無印良品」の約250商品をAmaz

→もっと見る

PAGE TOP ↑