SanDisk、容量1TBのmicroSDカード発売・価格―上位モデル「ExtremePro」も予告

公開日: : 周辺機器 ,

SanDisk-news-20190516

2019年2月の記事で米国のWestern DigitalとMicronが同年4月より販売を開始すると発表していたが、容量1TBのmicroSDカードをWestern Digitalのグループ会社SanDisk直販サイトで静かに発売していた。

SanDisk、容量1TBのmicroSDカード発売

その昔、Windowsを複数枚のフロッピーディスクに入れてインストールしていた頃は想像もしていなかった未来が手元に届く時代になった。

SanDiskはExtremeシリーズで新たに1TBモデルを449ドルで発売した。その転送速度はリード90MB/s、ライト60MB/sだ。さらに同社は170MB/s、90MB/sの高速な上位モデルExtreme Proバージョンを予告している。

SanDick-microSD-1TB

SanDsikブランドの記事を振り返ると2018年2月に400GBモデルを発売、その製品発表は2017年9月だった。それから1年ほどで倍以上の容量となっている。

5Gの時代へ向けて全体的な通信速度も速くなり、ストリーミング再生技術も進化、快適に動画やゲームを楽しめる時代ではあるが、そのコンテンツも大容量化を迎えている。やはりローカルへダウンロードして楽しむという行為は続く。
他にも4Kカメラの増加、フルHDであっても動画撮影することが増えているため、microSDカードの進化は加速しそうだ。

CD-Rが登場して、DVD-Rが現れ、SSDの容量が増えてサーバーなどで採用され始めても、小さな記録メディアの歩幅は狭かったが、スマートフォンや動画配信などで一気にテラバイトの領域にたどり着いた。 先ほどAmazon.co.jpで検索したところmicroSDカード 512GBページ一覧の中には1万円以下の製品もあった。
これまでの流れから考えると倍の1TBなら2万円ほどで落ち着くと思われる。

数年後、この記事をみて「1TBで喜んでた」時代があったのだと知っておいてほしい。MBからGB、そしてTBにPB(ペタバイト)、EB(エクサバイト)、ZB(ゼタバイト)、YB(ヨタバイト)と過去があっての現在だ。

Source:SanDisk

よく一緒に閲覧される記事

ノートパソコン搭載SSDの寿命を知る方法、あと余命は?残り何日なのか

部屋の断捨離をしているとデスクトップPCで使っていたHDDが8台ほ

初回500台限定で値引き、PD充電できる大容量モバイルバッテリー『cheero Power Plus 5』発売

ティ・アール・エイは5月21日、cheeroよりも大容量モバイルバ

セブンイレブン、5/22よりApple製アクセサリの店頭販売を開始

セブン‐イレブン・ジャパンは5月16日、全国のセブン‐イレブン(2

→もっと見る

PAGE TOP ↑