8/18まで、富士通「arrows U」と「LG K50」が一括0円でキャッシュバック2.5万円、2019年夏モデルのスペック比較

arrows-U

タブクルでもXperia XZを契約したソフトバンク代理店「おとくケータイ.net」にて、富士通の防塵防水おサイフケータイ付き「arrows U」と大画面6.26インチ「LG K50」の端末購入代金が一括払い0円、さらに25000円のキャッシュバックとなるキャンペーンが開始されました。

※キャンペーン期間は8月18日20時まで。

arrows UとLG K50が一括0円でキャッシュバック2.5万円に

今回の2機種は2019年夏モデルとして国内3キャリアで富士通「arrows U」は2019年6月28日、LGエレクトロニクス「LG K50」は2019年7月5日に発売されたスマートフォン。

項目別にarrows UとLG K50のスペック比較

はじめにサイズと解像度を比較します。

  • arrows U:5.8インチ/72×149×8.8mm(166g)
  • LG K50:6.26インチ/77×161×8.7mm(172g)

画面サイズに応じて小さく軽くなっているのがわかります。しかし、解像度が異なっていて「arrows U」がFHD+(2280×1080)なのに対して「LG K50」はHD+(1520 X 720)と低解像度でした。

また、2機種とも米軍調達基準であるMIL-STD-810G準拠、「arrows U」については更に防水IPX5/8と防塵IP6Xをサポートしているのでバスタイムにも使えそうです。

LG-K50

LG K50のディスプレイ面。

次に処理性能を比べます。

  • arrows U:MT6762(2.0GHz+1.5GHzオクタコア)/RAM3GB/32GB/SDカード最大400GB
  • LG K50:SDM450(1.8GHzオクタコア)/RAM3GB/32GB/SDカード最大400GB

プロセッサが異なり「arrows U」はMediaTek製、「LG K50」はQualcomm製となっていました。いずれも重量級のゲームを楽しむような処理性能ではないのでメーカーの違いによる影響は少ないと思われます。

RAM・ストレージ容量は同じながら、MicroSDカードの最大容量が異なっています。

続いてバッテリーとインターフェイスを比較しました。

  • arrows U:2880mAh/USB Type-C(PD対応)
  • LG K50:3500mAh/microUSB

バッテリーは画面の大きさにあわせたような容量の違いですが、インターフェイスが大きく異なります。「arrows U」は最新USB-CでPD対応となっており、充電時間は160分。

「LG K50」はmicroUSBながらQuick Charge 2.0対応なので大容量バッテリーながら200分の充電時間となっています。

完全ワイヤレスイヤホンもUSB-C充電が増えてきており、どれくらいスマートフォンを使い続けるのかも考えて選ぶと良さそうです。

今度はカメラ性能を見てみましょう。

  • arrows U:前面800万画素/背面1310万画素+500万画素
  • LG K50:前面1300万画素/背面1300万画素+200万画素

「LG K50」の仕様表には上記に加えて、手振れ補正やオートフォーカス対応などの追加情報が記載するなどカメラに力を入れている印象を受けました。

最後に指紋センサーや”おサイフケータイ”などの付加機能をチェックします。

  • arrows U:おサイフケータイ/Bluetooth 4.2
  • LG K50:指紋センサー/Bluetooth 5.0

「arrows U」は意外なことに指紋センサーを搭載していませんでした。しかし、何かと便利な”おサイフケータイ”に対応、防塵防水もあり日本メーカーらしい仕様となっています。

また、Googleアシスタントを簡単に起動できる「アシスタントキー」という物理ボタンを側面に設けています。このボタンは画面OFFからカメラを起動したり、ライトを点灯、写真やWebサイトの拡大、おサイフケータイの起動にも使えるとのこと。

「LG K50」は背面に指紋センサーを搭載していますが、便利機能は特にありません。

また、2機種ともワンセグ・フルセグともに非対応、赤外線通信もサポートしていません。Wi-Fiは共通で802.11 a/b/g/n/ac。

タブクルの体験記

今回の特別キャンペーンで端末値引きを適用するには問い合わせの際にキャンペーンIDを伝える必要があります。

タブクルでXperia XZを購入したときのレビューは「おとくケータイ.netの申し込み~到着まで」より確認できます。開通手続きの話は「おとくケータイ.netでソフトバンクへのMNP完了、開通手続き・注意点」の記事にて。

その後、キャンペーン価格を適用するために契約したオプションを変更する手続きは「Xperia XZの格安スマホ化レビュー、おとくケータイ.netキャンペーン条件のプランを変更する」という記事に記録しています。

<関連記事>

Xperia XZ+ソフトバンク回線の維持費を月額1854円にした話、プラン内訳ほか
おとくケータイ.netからXperia XZ発送通知、5分かけ放題+データ1GB=月1854円のSB回線

キャンペーン概要

Google-Pixel-3a.Price

今回のキャンペーン対象機種はarrows UとLG K50で、いずれも端末購入代金が一括払い0円となり25000円のキャッシュバックがあります。

月額料金例

下記に機種代金を足した金額が月額になります。

<ウルトラギガモンスター+(50GB)の場合>
▼1台の場合
機種代金 0円
基本プラン 1,296円
WEB使用料   324円
ウルトラギガモンスター+ 6,458円(50GB+)
1年おトク割 -1,080円×12
下取りプログラム -990円×24(iPhone7下取り時)
ユニバーサルサービス料 3円
————————————————————
合計   6,011円~

<ミニモンスターの場合>
▼1台の場合
機種代金 0円
基本プラン 1,296円
WEB使用料   324円
ミニモンスター 2,678円
1年おトク割 -1,080円×12
下取りプログラム -990円×24(iPhone7下取り時)
ユニバーサルサービス料 3円
————————————————————
合計   2,231円~

おとくケータイより

※ご契約を3ヵ月間継続後にミニモンスターに変更可能です!

※複数台の場合、みんな家族割(2台で-540円/月、3台で-1,620円/月、4台で-2,160円/月)も適用になります!

キャンペーン価格の適用条件について

SONY-XPeria_XZ-Review-tabkul.com-IMG_3813

1,au回線かdocomo回線からのお乗換え限定
※MVNO(au、docomo系の回線)も対象。
※新規契約、機種変更は対象外。
※Y!mobileから変更は対象外。

2,携帯電話の契約を1年間継続。

3,ウルトラギガモンスター+をご契約から90日間継続。

4,あんしん保証パック、基本パックのご加入
※あんしん保証パック(初月日割。不要であれば即解約可能です)
※基本パックのご加入(初月無料。不要であれば即解約可能です)
最寄のソフトバンクSHOPさん、My Softbank、コールセンター157にて変更可能です

5,毎月の料金のお支払方法がクレジットカードであること。
※口座振替の場合キャッシュバック(機種代値引きの場合は値引き)が-5,400円/台となります。

キャンペーン適用方法

otoku-keitai.net-IMG_4106

下記リンク先にある問い合わせフォーム<ご質問・ご要望・連絡希望日時など>という項目に「特別キャンペーンを希望」と入力して問合せするとキャッシュバック特典が適用されます。管理人の時は月額料金のシミュレーションや契約条件などについては担当者が電話等で応対してくれました。

※キャンペーンID(今回は上記の赤字)を入力し忘れて特典が適用されずトラブルになる場合があるようです。タブクルでは上記のようにキャンペーンIDを掲載しておりますので、キャンペーンを適用されたい場合は忘れずに入力してください。

※キャンペーン期限: 2019/8/18(日) 20:00まで。

リンク:「おとくケータイ.netのお問い合わせフォームはこちら」おとくケータイ.net

同時開催のキャンペーンについては、最新のおとくケータイ.net記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

新世代スマホ『realme X2 Pro』に早くもクーポン、90Hzや6400万画素4眼などスペック

2019年10月にリリースされたRAM最大12GBや最大256GB

(祭り)iPadが32790円に、MacBook/Apple WatchなどApple製品が特価に

2019年最後のAmazonビッグセール「サイバーマンデー」において、

(祭り)ANKER人気アイテムなどが最大51%OFFに、サイバーマンデーSALE

Anker Japanは12月6日、Soundcoreなど同社のサ

→もっと見る

PAGE TOP ↑