Huaweiが『HarmonyOS』発表、オープンソースでスマホから車まで対応予定

公開日: : Huawei(ファーウェイ)

HarmonyOS

中国ファーウェイは現地時間8月9日に開催した「Huawei Developer Conference(HDC)」において、独自の新しいオペレーションシステム「HarmonyOS」を発表した。

Huaweiが独自OS『HarmonyOS』発表

今回の『HarmonyOS』は米政府が実施したHuawei禁輸措置への対策として開発されたオペレーションシステム。これについてConsumer Business GroupのRichard Yu CEOは壇上でスマートフォンに投入する準備は整っており、Android OSからの移行は数日で行えるが、パートナーシップとエコシステムを考慮して採用していないと述べている。

Android OSと同じくオープンソースとして開発され、様々なアプリの開発言語をサポートするという。そのため開発者は『HarmonyOS』を独自のハードウェア向けに調整できるとのこと。

今後の展開について、2019年内はスマートテレビやスマートスクリーンといった機器に投入、今後数年をかけて自動車やウェアラブル機器などにも広めていくとした。

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑