Nintendo Switchにスーファミ風コントローラー投入へ、FCC通過

公開日: : 周辺機器 ,

Nintendo-Switch-leaks-20190814

任天堂が「Nintendo Switch」のアクセサリーとしてスーパーファミコン(SNES)風のBluetoothコントローラーをFCCで通過させた。

Nintendo Switchにスーファミ風コントローラー投入へ

FCCで承認を得たアクセサリーは「HAC-042」という型番で、これはSwitch本体「HAC-001」やJoy-Conコントローラー「HAC-015」の型番に似ていることから『Nintendo Switch』向けとみられている。

TheVergeによると、このコントローラーは上部にZL/ZRボタンまたはSwitch本体に取り付けるパーツが存在し、バッテリー容量は525mAh、USBポートを備え、Bluetoothで接続するとのこと。

任天堂は既に年間2400円(米国では年額20ドル)でNintendo Switch Onlineサービスを展開、利用者はファミリーコンピュータ(NES)ゲームをダウンロードしてプレイできるようになっているほか、ファミコン向けの懐かしいコントローラーも販売している。

このことからNESに続き、SNESの投入が期待されている。

前回⇒遂に『Nintendo Switch』のAndroidイメージファイルが配布開始、要microSDカード

Source:TheVerge

よく一緒に閲覧される記事

新型Nintendo Switchが2020年Q1より量産開始か、6月にもリリースへ

台湾メディアDiGiTimesは現地時間1月6日、任天堂が2020

新規格『Wi-Fi 6E』発表、新たに6GHz帯域を追加

Wi-Fi Allianceは現地時間1月3日、新たに6GHz帯を

Cheero、最大60W出力など3つのモバイルバッテリー発表・価格

ティ・アール・エイは12月12日、最大60W出力や本体への18W充

→もっと見る

PAGE TOP ↑