衝撃!UMIDIGI Z5 Proは6400万画素カメラ/クアッドカメラ搭載へ

公開日: : UMi

技適を取得して日本でコストパフォーマンスに優れたスマートフォンを展開しているUMIDIGIが次期フラッグシップで6400万画素カメラ(9248x6936)を含めた背面4眼(クアッドカメラ)を搭載する可能性が伝えられた。

UMIDIGI Z5 Proは6400万画素カメラ搭載へ

『UMIDIGI Z5 Pro』はSamsung製の6400万画素カメラを搭載するようだ。

ティザー広告を見ると猫を映した写真と、その猫のひげを拡大した写真を並べているのがわかる。しかも下のほうに小さな文字でAI QUAD CAMERAと書いてある。

UMIDIGI-Z5-Pro-1

もしかするとAI機能を備え、さらに背面だけで6400万画素カメラのほかに3つのカメラを搭載している可能性がある。

UMIDIGIは1万円台で販売しているスマートフォンにも背面トリプルカメラを搭載させていることから、そこに前面カメラを加えてクアッドカメラと呼ぶこともできる。
しかし、同社は過去にリリースしたスマートフォンで背面3眼+前面1眼をクアッドカメラとは言わずトリプルカメラと説明している。そのため、『UMIDIGI Z5 Pro』は全部で5つのカメラ搭載が期待できそうだ。

そして、同社と言えば破格の値段をつけることでも知られている。

記事投稿時点で10万円以上もする他社フラッグシップ・スマートフォンが4800万画素カメラ搭載を高らかに謳っている中、半額以下で6400万画素スマートフォンを投入してくるかもしれない。

偶然UMIDIGIセールが開催(記事末尾にリンク)されているので、同社のスマートフォン価格を再度チェックして『UMIDIGI Z5 Pro』の価格を予想してみるのも面白そうだ。

なお、2019年8月には2.7万円で画面指紋+128GBを搭載した最新スマートフォンを発表しており、それに続く形で間もなく『UMIDIGI Z5 Pro』が発表されるとみられている。

前回⇒RAM4GBの3眼/6.3型『UMIDIGI A5 Pro』が10710円など、UMIDIGIセール開催中

よく一緒に閲覧される記事

衝撃!UMIDIGI Z5 Proは6400万画素カメラ/クアッドカメラ搭載へ

技適を取得して日本でコストパフォーマンスに優れたスマートフォンを展開し

UMIDIGI X発表、2.7万円で画面指紋や128GBなどスペック・発売日

日本で技適を取得してコストパフォーマンスの高いスマートフォンを販売

UMIDIGI POWERをモバイルルーター化、Y!mobileのSIMカードで4G通信とテザリングを

アマゾンで技適あり1.5万円という価格ながらRAM4GBに大容量バ

→もっと見る

PAGE TOP ↑