月980円で自販機から毎日1本を、JRがサブスク『every pass』発表

公開日: : ニュース

everypass

JR東日本ウォータービジネスは日本発の自販機サブスクリプション『every pass』(エブリーパス)を10月1日から開始すると発表しました。実施に先駆け9月2日よりサービス利用者の募集も開始予定。

日本発の自販機サブスク『every pass』誕生

JR東日本は2019年10月より施行される消費増税、近年導入が進んでいるキャッシュレス決済など消費者ニーズの変化に加え、多様化するサブスクリプションに注目し、『every pass』を提供するとしています。

サービス内容は、JR東日本エリアの駅に約400台設置されている最新型自販機「イノベーション自販機」に専用スマートフォンアプリ「acure pass(アキュアパス)」へ配信されるQRコードをかざすことで1日1本、対象の商品を受け取れるというもの。

プランは2つあり、月額980円の「アキュアメイドプラン」はオリジナル商品ブランドである「アキュアメイド」。月額2,480円の「プレミアムプラン」は「アキュアメイド」に加えて、他飲料メーカーを含むイノベーション自販機取扱いの全商品が対象とのこと。

仮に30日間150円の商品を受け取れば合計4,500円となり、本来かかる金額よりもお得になるとしています。

10月1日のサービス開始に伴い、9月2日から募集を開始し、当選した500名に利用してもらう計画も発表しています。

リンク:every pass

よく一緒に閲覧される記事

Xiaomiが再び日本を揶揄、今回は原爆CM

Xiaomiと言えば 2017年に日本語専攻の学生を退出させたとし

米国でゴールドジムとJクルーが倒産、コロナ影響により

日本でもなじみのあるゴールドジムについて、海外メディアは新型コロナ

あつ森に「メトロポリタン美術館」参戦、ゴッホなど40万点が使い放題に

世界最大級として知られているニューヨークのメトロポリタン美術がNi

→もっと見る

PAGE TOP ↑