「BB.exciteモバイルLTE」もサービス拡充、”最大200kbps”&”nanoSIM提供”へ

公開日: : その他、最新情報

エキサイト株式会社は25日、「BB.exciteモバイルLTE」のサービス仕様の改定を発表しました。

新規に限り「nanoSIM」が選択可能になり、クーポン非適用時の最大通信速度が

最大128kbpsから200kbpsへとサービス拡充となりました。

新しいサービス仕様への改定は、2013年4月1日(月)より実施されるとのこと。

Excite-Docomo-LTE

「BB.exciteモバイルLTE」もサービス拡充

BB.exciteモバイルLTE」は”nanoSIM提供”と”最大速度200kbps”による

サービス拡充を発表しました。

最大通信速度は従来の128kbpsから200kbpsへと向上しており

BB.exciteモバイルLTE」契約者すべてに適用されるとのこと。

“nanoSIM”の提供開始

新規で「BB.exciteモバイルLTE」をお申込みいただくか、現在の 「BB.exciteモバイルLTE」契約にSIMを追加頂く場合 に、 SIM選択画面で「nanoSIM」を選択いただくことで「nanoSIM」のお申込みが可能です。

“nanoSIM”提供の注意事項がありました。

  • 3G使い放題コース(0M)をご契約の方はSIMの追加はできません。
  • 1契約で既にSIMカードを3枚ご利用の方はSIMカードの追加はできません。
     ご希望の方は新規エキサイトIDを取得しご購入下さい。
  • SIMカードの変更は受け付けておりません。

IIJmioのサービス拡充を受けての発表と感じましたが

最大通信速度は”実際の通信速度を保証するものではない”ため

最大128kbps時代から100kbpsしか出ていなのであれば

最大200kbpsとなり”高速になる人々”が増加すれば従来より遅くなる可能性もあります。

IIJmio と エキサイト が日頃から速度が出ているか否かが重要になってきます。

広告としての “200kbps”ではないことを願うばかりです。

Source : エキサイト

よく一緒に閲覧される記事

格安SIMの人気ランキング調査結果2019年9月版が発表、データ専用SIMの上位5社など明らかに

MMD研究所は9月18日、MVNOに関する内容について、15歳~6

格安SIMの新料金プランを比較、1位の楽天モバイル vs 2位のワイモバイル

格安SIMの中でも人気の楽天モバイルと、ソフトバンクのサブブランド

mineo、速度制限で月450円を減額する『エココース』提供開始・比較動画

オプテージは9月2日、モバイル通信サービス「mineo」において混

→もっと見る

PAGE TOP ↑