携帯4社、都営地下鉄全線でもデータ通信が可能に

公開日: : その他、最新情報

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの4社と東京都交通局は

3月27日正午から都営地下鉄全線で携帯電話が利用可能になることを発表しました。

対象は「大江戸線、浅草線、三田線、新宿線」。

train-01

都営地下鉄全線でもデータ通信が可能

携帯4社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス)と

東京都交通局の発表によると駅構内のほか各駅間のトンネル内でも

スマートフォンなどによるデータ通信(ネット接続)が利用可能となるとのこと。

  • 大江戸線
  • 浅草線
  • 三田線
  • 新宿線

東京メトロ全線では、3月21日から携帯電話サービスが利用可能となっており

東京メトロ・都営地下鉄の全線で携帯4社の通信網が利用できるようになります。

災害時に地下で列車が停止しても情報収集が可能になるとしています。

よく一緒に閲覧される記事

格安SIMの人気ランキング調査結果2019年9月版が発表、データ専用SIMの上位5社など明らかに

MMD研究所は9月18日、MVNOに関する内容について、15歳~6

格安SIMの新料金プランを比較、1位の楽天モバイル vs 2位のワイモバイル

格安SIMの中でも人気の楽天モバイルと、ソフトバンクのサブブランド

mineo、速度制限で月450円を減額する『エココース』提供開始・比較動画

オプテージは9月2日、モバイル通信サービス「mineo」において混

→もっと見る

PAGE TOP ↑