iPhone12のコンセプト画像、iPhone4風な筐体に戻り背面4眼カメラ搭載か

公開日: : Apple

iPhone12-leaks-20191108.01

毎年リリースされるiPhoneシリーズの次期モデルとなるiPhone 12のコンセプト画像が公開された。Appleが多額の投資をしているARに対応するため背面カメラが強化されるなど根拠も伝えられている。

iPhone12のコンセプト画像が登場

今回iPhone12の画像を公開したPhoneArenaは数年で最も劇的な変化を遂げる可能性があるとして、そのコンセプト画像を公開した。

同メディアによるとAppleは大きな設計の変更には慎重で、批判を受けるほど外観の変更に時間(研究や審議)をかけるとしたうえで、2020年のiPhoneは異なり、10年前のiPhone 4を彷彿とさせるクラシックなデザインを復活させるという。

AppleのiPhoneシリーズはiPhone 4 / iPhone 5 を除いて様々な手のひらにフィットするよう丸みを帯びた設計になっていたが、最新のiPad Proではエッジの丸みがなくなり、MacBookも同じようなデザインに移行していることを挙げ、iPhoneが流れに沿うのは自然な動きでAppleは一貫性を重視する企業だと伝えている。

iPhone12-leaks-20191108.02

iPhone 4のような四角いデザインになる可能性も。

ディスプレイに鎮座するノッチについては小さくなるものの排除されないと伝えた。最近ではノッチのないベゼル幅の広いモデルを試しているというリークもあったが、同メディアはAppleには3年サイクルの法則があるとして、一度デザインが採用されると少なくとも3世代にわたって継続、磨かれていると説明した。

iPhone12はデザイン面で大きな変化を遂げるものの、ノッチは継続されるようだ。

AR対応へ、初のクアッドカメラ搭載か

iPhone12-leaks-20191108

Appleが近年、拡張現実(AR)に多額の投資を行っており、Apple Glassesも順調という報告もあるほか、Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏が伝えたiPhone12でTime-of-Flight(ToF)カメラを搭載する可能性を踏まえてiPhoneシリーズ初のクアッドカメラ仕様になると予想している。

ToFは通常のカメラよりも正確に深度を測定できることからARに最適なカメラで、現行モデルのトリプルカメラにToFカメラを搭載した(コンセプト画像の配置が正しいかは不明だが)クアッドカメラになるだろうと伝えている。

下記リンクでは同メディアが他の画像も公開していた。

Source:PhoneArena

よく一緒に閲覧される記事

16インチMacBook Pro発表、メモリ最大64GBなどスペック・価格・発売日

Appleが最近リークされていた16インチMacBook Proを

今夜にも『16インチMacBook Pro』発表か、価格や発売時期の情報も

昨日は準備中という情報が伝えられた『16インチMacBook Pro』

まもなく16インチMacBook Pro発表か、小規模の発表会を準備中とも

2019年10月に発表されるだろうと伝えられていたベゼル幅が狭くな

→もっと見る

PAGE TOP ↑