スマホ兼モバイルルーターの『AQUOS sense3』到着、開封レビュー

公開日: : シャープ , , , ,

AQUOS-sense3_8250

スマートフォンとモバイルルーター(とモバイルバッテリー)として使う予定で注文していた『AQUOS sense3』が届いた。今回は開封からセットアップ、初期のストレージ使用状況、顔認証についてレポートする。

『AQUOS sense3』開封レビュー

前回はOCNモバイルONEで注文したところまでを記事にした。少し前までは発送遅延になるほど人気だったようだが今回は通常のスケジュールで配送されたと思われる。

AQUOS-sense3_8245

さっそく届いた箱を開けると上図のようになっていた。

AQUOS-sense3_8246

OCNモバイルONEの紙類を取り出すとプチプチに入った『AQUOS sense3』が現れた。

AQUOS-sense3_8247

パッケージにはSIMカードの台紙が貼り付けられていた。

AQUOS-sense3_8248

それぞれを開封すると上図のようになっていた。

AQUOS-sense3_8249

同梱品は電源アダプタとスタートガイド。

AQUOS-sense3_8252

SIMトレイは爪でかけるだけで取り出せるためSIMピンは同梱されていない。同封されていたSIMカードを入れて電源を入れる。

AQUOS-sense3_8255

セットアップはWiFiやGoogleアカウントといった通常の設定が続いた。

AQUOS-sense3_8256

SAHRPならではの設定としてはキーボードがシャープ純正を選べるようになっているところだろうか。

AQUOS-sense3_8258

端末ロックに関する設定では顔認証と指紋認証の2つを選んだ。

ホーム画面やストレージなど

AQUOS-sense3_8261

セットアップを終えるとホーム画面が表示された。

AQUOS-sense3_8262

ドロワー画面を表示、アプリは思ったよりも少ない。

AQUOS-sense3_8263

ストレージは64GB、使用済みは18.53GBと表示された。何に使っているのだろうかとみてみるとシステムで15GB、その他のアプリで3.6GBとなっている。

Android OSでは使用しているほうではないかと思えたのでBlackBerry KEY2を見てみると13.28GBを使用していた。僅か約2GBとなるかもしれないがシステムで2GBというのは大きな違いという気もする。「かんたん」などと名前のついたホームアプリが用意されているため、そういった独自機能で使われているのかもしれない。

次回はBlackBerry KEY2で使っている大容量SIMカード「iVideo」を『AQUOS sense3』に入れて動作チェックする予定だ。また、LINEアプリやSuica、Apple Payなどに問題なさそうであればiPhoneからUQ mobileのSIMカードを取り出して試したい。

続きSIM2でテザリング中にSIM1へ電話がきたら…『AQUOS sense 3』購入レビュー
前回⇒出荷遅延の『AQUOS sense3』を14800円で注文、スマホ兼モバイルルーターに。

よく一緒に閲覧される記事

シャープ、1型カメラ搭載スマホ「AQUOS R6」発表・RAM12GBなどスペック

シャープは5月17日、ライカ社と全面協業したというスマートフォンとして

ドコモが防水10.1型「dtab d-41A」発表、指紋センサーなどスペック

NTTドコモは8月6日、シャープ製の10.1型タブレット「dtab

国内初5Gスマホ『SHARP AQUOS R5G』発表、8K撮影などスペック

シャープは2月17日、国内初となる5G通信に対応したフラッグシップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑