Galaxy Z Flip発表、初のガラス折り畳みなどスペック・価格

galaxyzflip

Samsungは米国時間2月11日、サンフランシスコで開催中のGalaxy Unpacked 2020において縦向きにディスプレイを折り畳めるスマートフォン『Galaxy Z Flip』を発表した。グローバル市場の発売日は2月14日、価格は1380ドル。

Samsung Galaxy Z Flipのスペック・価格

Samsungは以前、スマートフォンからタブレットのように使える横向きにディスプレイを折り畳む構造のGalaxy Foldを発表し話題となった。

今回の『Galaxy Z Flip』は縦向きにディスプレイを折り畳む構造で、大画面化ではなく省スペース化を意識した日本で馴染みあるガラケースタイルとなっているのが大きな特徴だ。

もう1つのポイントが独自技術「Ultra Thin Glass」により実現したフォルタブル端末初となるガラス製ディスプレイの採用で、通常のガラスディスプレイでは割れてしまうところが厚さ1mm以下の超薄型ガラスにより画面を曲げることに成功、従来の樹脂製よりも画面が傷つきにくく、手触りも向上しているという。

しかし、この折り畳める薄型ガラスの生産には課題が残されているようで安定した供給が確保できないようだ。

主なスペック

『Galaxy Z Flip』のメインディスプレイは6.7インチのDynamic AMOLED(フォルタブル有機EL)で解像度はFHD+(1080×2636ピクセル)という仕様。

端末を置いた状態で途中まで開くと下図のように上下に2分割され、上部でYouTube動画を再生しつつ下部で操作するといったことが可能になる機能を備える。

galaxyzflip.01

折り畳み時のサブディスプレイとして1.1インチ(112×300ピクセル)の有機ELがあり、アプリの通知を表示したり、着信応答が閉じたまま行えるほか、小さい画面ながら自撮り撮影にも使えるとのこと。

メインディスプレイ側にはパンチホール式の1000万画素カメラを搭載、背面には1200万画素デュアルカメラ(広角と超広角)を備える。

CPUはSnapdragon 855+、RAM 8GB、ストレージ256GB、インターフェイスはUSB Type-Cでバッテリー容量は3300mAh(ワイヤレス充電に対応)となっている。

本体サイズは展開時167×74×6.9〜7.2mm、折り畳み時87×74×15.5〜17.3mmとなり、重さは183g。

OSはAndroid 10で、通信は5G非対応。

発売日・カラーバリエーション・価格

『Galaxy Z Flip』のカラーバリエーションは、ミラーブラック、ミラーパープル、ミラーゴールドの3色展開で発売日は2月14日、価格は1380ドル(記事投稿時点で15.2万円)となっている。

Source:Samsung

よく一緒に閲覧される記事

『Galaxy Z Flip』の分解レポート、畳めるガラスの場所が判明

昨日ハンズオン動画で折り畳めるガラスディスプレイが爪でもキズをつけ

Galaxy Z Flipの畳めるガラスに問題か、爪でキズ

KDDIが2月18日より予約注文の受付を開始しているSamsung

畳めるスマホ『Galaxy Z Flip』をau独占販売へ

KDDIおよび沖縄セルラーは2月12日、折り畳めるスマートフォン「

→もっと見る

PAGE TOP ↑