Fire HD 8 (2018)はroot化できるか、Fire OS 6.3.1.4で試す

公開日: : Amazon Kindle , ,

Fire-HD-8-2018-2020-02-27_12-05-41_320

先日Fire HD 8 (2018)でハックツールを使うことでカスタマイズできたという記事を公開したが、今回は以前より使っているroot化ツールを利用してroot権限を取得できるのか試した。

Fire HD 8 (2018)はroot化できるか

はじめに断っておくと今回のroot化をしなくても前回のハックツールを利用することで大抵のカスタマイズは行えるため、そちらの関連記事でニーズが満たせるか確認してほしい。

私がroot化したい理由は「ロック画面の無効化」と「バージョンアップの無効化」の2つだ。

それでは実際に行ったこと、その結果を書いていきたい。

この記事は情報の共有を目的に公開しており、内容を実行する際は自己責任で行って欲しい。

root化ツールを使う

前回の最後にFire OSのバージョンについて書いたが、残念ながらWi-FiをOFFにする前に最新の「Fire OS 6.3.1.4」へとアップデートされてしまった。

その前の「Fire OS 6.3.1.2」であればroot化ツール「mtk-su」が使えたらしいが、恐らく同アップデートで抜け道は塞がれた可能性がある。

まずはPC側のブラウザでXDAのページを開き、mkt-su.zipの最新版をダウンロードする。ファイル名は「mtk-su_r20.zip」となっていた。

以前はTerumuxを利用してFireタブレット単体のroot化をしていたが、今回はPCからADBで行うため過去記事とは少しコマンドが変わる。

過去記事⇒PC不要でFire HD 8タブレットをroot化する方法、ADBも不要

具体的な作業は次のようになる。

  1. mtk-su_r20.zipをPCで解凍
  2. USBケーブルでPCとFireを接続
  3. PCでコマンドプロンプトを起動

コマンドプロンプトが起動したら(コマンドプロンプト内で)mtk-su_r20フォルダへ移動して、XDAページにある下記のコマンドを入力した。

adb mtk-su /data/local/tmp/
adb shell
cd /data/local/tmp
chmod 755 mtk-su(もしくはchmod 700 mtk-su)
./mtk-su

以前であれば「$」から「#」へと表示が変わり、root権限を取得できたのだが予想通りエラーとなってしまった。

他にもXDAページにあった方法を試したが「Fire OS 6.3.1.4」では塞がれてしまっているようだ。

そのため、次回はブートローダーを解除してカスタムリカバリからroot権を取得できないか試す予定だ。

何はともあれ以前から使っていた「mtk-su」の手法は通じないということがわかった。この手法で何かしらの突破口があれば追記するが、先にカスタムリカバリを試すことになるだろう。

次回⇒Comming Soon.

前回⇒Fire HD 8(2018)でハックツール『Amazon Fire Toolbox』は使えるか

よく一緒に閲覧される記事

非対面のビデオ通話に、Echo Show 5が2台まとめ買いで1台無料セール中

定価9980円の『Echo Show 5』を2台まとめて購入すると

(祭り)防水Kindle Paperwhiteが3000円OFFに、無印Kindleは2000円OFF

アマゾンジャパンが3月27日午前9時より開始した新生活セールにおい

3/27開催のAmazon新生活セール、特価セール品の掲載スタート

アマゾンジャパンが3月27日の午前9時より開始する「Amazon新

→もっと見る

PAGE TOP ↑