RICOH THETA開発チームがペン型360度カメラ開発を発表、動画

公開日: : 周辺機器

vecnos-news-20200311

ベクノスは3月10日、ペン型で360度を撮影できる全天球カメラの開発を発表した。開発中のカメラとアプリは2020年内に発売する予定としている。

RICOH THETA開発チームがペン型360度カメラ開発を発表

ベクノスはリコーの新規事業開発の一環としてスタート、2013年に世界初の民生用全天球カメラ「RICOH THETA」を開発したコアメンバーを中心に発足し、今後は、全天球カメラや特殊カメラの製造・販売を行う。

第一弾となるペン型の全天球カメラは優れた携帯性とデザイン性を実現するため、側面に3つ、天面に1つの合計4つレンズを備えた独自の光学レンズを搭載している。

また、開発中のアプリを使うことで全天球カメラをより楽しめるとしている。

Source:ベクノス

よく一緒に閲覧される記事

Raspberry Pi 4が初の値上げ、半導体不足が影響

英ラズベリーパイ財団は現地時間2021年10月20日、世界的な半導体不

携帯PCゲーム機「Steam Deck」にプレイ判断機能「Deck Verified」が追加

Valueは現地時間2021年10月18日、Steam公式モバイルゲー

すかいらーくが配膳ロボット「BellaBot」導入を発表、主な機能・スペック

すかいらーくホールディングスは2021年10月18日、配膳ロボット「B

→もっと見る

PAGE TOP ↑