Google Play Musicが年内終了を発表、YouTube Musicへの移行受付を開始

公開日: : 音楽

米Googleは現地時間5月12日、音楽ストリーミングサービス「Google Play Music」について2020年後半にサービスが利用できなくなることを発表した。

今後はYouTube Musicがメインとなり、同サービスへ引き継ぐとして移行手続きの案内をしている。

Google Play Music年内終了、YouTube Musicへ統合

YouTube公式ブログは新たにGoogle Play Musicユーザーが音楽ライブラリとカスタマイズした設定、プレリストを簡単にYouTube Musicへ転送できるようになったという記事を公開した。

その理由としてGoogle Play Musicが年内にはアクセスできなくなることを挙げている。

利用者はYouTube Musicアプリ(  iOS /   Android)をインストール後、アプリ内の転送ボタンを選択するとアップロードした音楽や購入済み音楽、個人のプレイリスト、評価データなどの転送が開始、完了するとメールと通知で知らせるとのこと。

GooglePlayMusic to YouTubeMusic 20200513101049

また、ポットキャストリスナーはGoogle Podcastsへ切り替わるため  移行ページを用意、サブスクリプションやエピソードなどが転送されるとしている。

他にはPlay Musicユーザーからのフィードバックを受けて追加の新機能を導入、次のようになると伝えた。

  • プレイリストは従来の1000曲から5000曲に増加
  • アップロード数はPlay Music時代の5万曲から10万曲へ増加
  • オフライン機能(有料メンバーのみ)
  • 歌詞表示(日本は未対応)

YouTube Musicへの移行は本日より受付を開始、転送ページより手続きを行えるが記事投稿時点で日本は未対応となっている。

価格はGoogle Play MusicとYouTube Musicは同額となっており、無料ユーザーは広告付きで利用できるとしている。YouTube Premium利用者はYouTube Music Premiumも含まれているのも変わらないようだ。

YouTube PremiumはYouTubeでCMを見る時間を削減したい時に大変有効なサービス、もし毎日動画を見ているのであれば月1180円(米国は11.99ドル)の支払いを検討してみると良いだろう。

関連記事
月額980円の『YouTube Music Premium』発表、Googleの音楽サービス統一か・経歴まとめ

Source:  YouTubeブログ

よく一緒に閲覧される記事

無料の「Amazon Music Free」提供開始、支払い登録不要の音楽配信サービス

アマゾンジャパンは5月14日、有料会員向けの音楽ストリーミングサー

Google Play Musicが年内終了を発表、YouTube Musicへの移行受付を開始

米Googleは現地時間5月12日、音楽ストリーミングサービス「Goo

LINE MUSICの全楽曲・全MVが無料ユーザーに開放、毎月5900万曲やMV10万本以上が対象

LINE MUSICは1月20日、同社と同名の音楽ストリーミングサ

→もっと見る

PAGE TOP ↑