UQ mobileがKDDIへ統合、サブブランドに

公開日: : KDDI ,

UQmobile-MNP-Review_7257

KDDIおよびUQコミュニケーションズは5月14日、UQ mobile事業をKDDIに統合することを取締役会で決議したと発表した。

KDDIはUQコミュニケーションズに355億円を交付予定で、今後は2ブランド展開となる。

UQ mobileがKDDIに統合

UQコミュニケーションズのUQ mobile事業が会社分割により、10月1日をもってKDDIが承継され、今後はKDDIがauとUQ mobileの2ブランドで通信サービスを展開することになった。

両社は全国営業拠点で再編や統合を行い、重複する業務や店舗運営を効率化、5G本格化に向けた経営資源の効率化を目指すとしている。

UQはWiMAX 2+のブロードバンド事業を継続することを明らかにしており、KDDIの高橋社長は同サービスの周波数帯Band 41を活用し、5G対応を進めるとしている。

また、今後のサービス展開はソフトバンクとサブブランド「Y!mobile」と同じように大容量を主力とするメインブランドのauと低価格を重視したサブブランドUQ moibleとして展開する予定。

利用者の立場から見ての変化、影響はないとしている。

Source:  KDDI株式会社

よく一緒に閲覧される記事

UQ mobileが10GB/月2,980円の「スマホプランR」発表、制限時も最大1Mbps

UQコミュニケーションズは5月25日、月間データ容量10GBを月額

UQ mobileがKDDIへ統合、サブブランドに

KDDIおよびUQコミュニケーションズは5月14日、UQ mobi

KDDIがスマホ決済「au PAY」発表、4/9からコンビニ・家電量販店で利用可能に

KDDIは4月4日、バーコードやQRコードを利用する新しいスマートフォ

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑