Optimus Pad「L-06C」+IIJmioのテザリング開放方法(要root化)

公開日: : 最終更新日:2012/09/02 L-06Cタブレット

今回は、テザリングのSPモードで固定されている設定を解除します。

この作業はL-06Cのルート化が完了していなければなりません。

ルート化の方法は、「準備編」と「実行編」を参考にして下さい。

Optimus Pad「L-06C」のテザリング開放手順

事前にやっておいたこと

  • DropBoxのインストール(SDスロットがないので)
  • apktoolのインストール
  • 7zipのインストール

作業概要

間違えると即文鎮化というハードル高めです。

L-06CはSDカードがないためDropboxを活用します。

以前、Novo7 Auroraの際はSDカードを使いましたが、Dropboxのほうが楽でした。

  1. 「/system/framework/framework-res.apk」をDropboxへアップロード
  2. WindowsでDropboxからローカルフォルダへコピーしapktoolで解凍
  3. 解凍ファイルから「/res/values/bools.xml」を探し「true」を「false」へ編集する

具体的な手順

取得や解凍、書き換え後の圧縮まで1つ1つに手間暇をかけることができます。

L-06C側の作業

  1. OIファイルマネージャ等のルートディレクトリが見えるファイル管理アプリを起動します。
  2. 「/system/framework/」に移動します。
  3. フォルダの中から「framework-res.apk」を探してコピーします。
  4. Windowsから見えるフォルダにコピーします。例:「/mnt/sdcard/Download」
  5. Dropboxを起動して当該ファイルをアップロードします。

Windows側の作業

Windows7 64bitで作業しました。

  1. 環境変数のPATHに【AndroidSDKの「platform-tools」】があるか確認する。例:C:Program Files (x86)Androidandroid-sdkplatform-tools;
  2. L-06CをUSBで接続しファイル「framework-res.apk」をWindows側へコピーします。
  3. apktoolでAPKを展開します。例:java -jar apktool.jar d framework-res.apk apk¥framework-res過去の記事を参照
    ☆「apk¥」 はフォルダ名「apk」という意味です。
  4. 「framework-res/res/values/bools.xml」を開きます。
  5. <bool name=”config_tether_dun_required”>true</bool>という行を
    <bool name=”config_tether_dun_required”>false</bool>「false」へ修正する
  6. apktoolでapkファイルを作成する。(例)java -jar apktool.jar b framework-res framework-res_new.apk
  7. ここで画像のようなエラーが発生するケースは古いバージョンの「apktool1.4.1.tar.bz2」を使い解凍作業から行うと正常に再構築できると思います。
  8. 正常に再構築できた場合は、数行しか表示されません。

次は、署名ファイルのコピーを行ないます。

  1. 適当な作業フォルダを作成します。例:「work」
  2. 以下のファイルを作業フォルダへ移動します。
  • framework-res_new.apk
  • framework-res.apk

これで署名の準備が整いました。

次はコマンドプロンプトと7zipを使い署名をします。

  1. コマンドプロンプトで作業フォルダへ移動し以下を実行します。
  2. 7z x framework-res.apk
  3. 7z a -tzip framework-res_new.apk AndroidManifest.xml
  4. 7z a -tzip framework-res_new.apk META-INF

解説

「2」で旧ファイルから署名(1ファイルと1ディレクトリ)を抜き出します。

  • AndroidManifest.xml
  • META-INFディレクトリ

「3」と「4」は、「2」で抜き出した署名(1ファイル、1ディレクトリ)を新ファイルへ移動しています。

L-06Cへファイル「framework-res_new.apk」を還す

最終ラップに入りました。

ここでミスを犯すと文鎮化します。。。

  1. Windows側で作成した「framework-res_new.apk」をDropboxにアップロードします。
  2. L-06C側でDropboxから適当なフォルダへエクスポートします。
  3. ESファイルエクスプローラーを起動します。
  4. ESファイルエクスプローラーの設定画面で「ルートエクスプローラー」と「ファイルシステムをマウントする」にチェックが入っているか確認します。
  5. 「1」でダウンロードした新ファイル「framework-res_new.apk」を「/system/freamwork」へコピーします。
  6. 貼りつけたファイル「framework-res_new.apk」をロングタップしプロパティから権限を「rw-r–r–」に変更します。
  7. 旧ファイル「framework-res.apk」をロングタップし「framework-res_old.apk」等の名前へ変更します。
  8. L-06C内の「framework-res.apk」がなくなるためエラーが発生しますが作業を続けます。
  9. 新ファイル「framework-res_new.apk」の名前を「framework-res.apk」にします。
  10. L-06Cの再起動をします。
  11. docomoの文字から時間がかかり肝を冷やしますが問題なく起動しました。

以上でL-06Cのテザリングが開放されました。

これでデュアルコアのルーターが完成しました。

バッテリーも巨大で単体で十分活躍できるという頼もしいL-06Cなのでした。

次回は、L-06Cでテザリングを行う方法を書く予定です。

編集後記

ふとアマゾンの欲しいものリストを見てみたらL-06Cが値上がりしてました。

現在アマゾンで19,200円みたいで約1,000円の値上りですね

  • アマゾン:L-06C(2012/06/30日現在で18100円)

オーバークロックもしてみたいですね

よく一緒に閲覧される記事

Optimus Pad L-06C 2ヶ月使用レポート 6項目レビュー 比較他

Optimus Pad L-06Cが7月8日に到着してから約2ヶ月が経

no image
L-06CにSDカード挿せないからファイルサーバ化した

Nexus 7 もL-06CもSDスロットがありません。 Dro

no image
L-06Cが文鎮化した。。。docomoのブートループ状態

L-06Cを色々いじっていたら文鎮化しました。。。

→もっと見る

PAGE TOP ↑