iVideoの解約方法(返却)、電話した話

公開日: : 最終更新日:2020/07/23 モバイル通信

IVideo Review 1

数日前からiVideoの通信速度が0.03Mbps前後になった。

SNSを見ると速度規制について声を上げている人がチラホラ、昨日から電話に繋がらず今日(2020/07/22)になってクレジットカード課金の連絡だけ届いた。

慌ててマイページへログインするがクレジットカードの自動課金を停止する術はなく、解約申請フォームも用意されていない。FAQや初回に送付された資料にも説明はなかった。

今回、iVideoに電話して解約について伺ったので内容をシェアしたい。

iVideoの解約方法、返却の流れ

はじめに「おかしいな」と感じたのは1週間ほど前、動画視聴中に停止することが増えた。それでも1日を通せば僅かな時間だったこともあり、上位回線のソフトバンクが自粛の影響で負担が増えたからだと思っていた。

しかし、3日前ごろから頻繁に繋がらない状態になる。この時にSNSを見ても契約者数が少ないためか、話題になるほどではなかった。

2日前、頻繁かつ長時間にわたって回線が使えなくなってきた。

ここで活躍してくれたのが楽天モバイル、1年間無料かつパートナーエリアなのに最大1Mbpsで何とか凌げた。

1日前、全く使えなかった。

完全に停止されているわけではないので1分以上も待てば表示できることもあったが、そのままエラー画面が表示されることが多くなっていた。

そして、本日になって過去のクレジットカード情報を使ったZEUSクレジットカード決済による5060円の引き落としが行われた。

もちろん、通信ができない状態のままだ。

iVideoに電話する理由。

本日の昼ごろに電話をした。

混み合っているというアナウンスが流れ、それでも待っていると時折、繋がるような呼び出し音がなるものの再び待機中を知らせる音楽に変わり、全く繋がる様子はない。

私が電話で聞きたかったことは次のような項目だ。

  • ログインページに解約フォームがないので退会手続きを知りたい。
  • 退会・解約はSIMカード返却だけで完了するのか。
  • クレジットカード自動課金は停止されるのか

今回の「回線に関するクレーム」をする気はない。

もともと全く期待していなかったサービスだったので、どちらかといえば驚いているし、十分に楽しませてもらった感覚が強い。

それでも連絡するのは、先月届いた自動課金のメールに2万7千円という請求があったから。今後の請求に不安を覚えたので確認したかった。
請求があった時は解約するとしてもSIM返却が間に合わないと考え、マイページから5060円を先にクレジット払いをした。2万7千円を支払うより良いから。
今回、そのカードで自動課金が行われている。SIMカード返却後も自動課金が続くのだけは避けたい。

iVideoと交わした会話。

iVideoには、夕方の諦めかけたときに繋がった。

フリーダイヤルではなかったが「かけ放題」の楽天モバイルに再び救われた形だ。相手は恐らく日本人ではない女性、流暢な日本語で対応してくれた。

私は回線問題に触れず、解約だけに絞って質問したところ、次のような返答があった。

  • マイページに解約フォームはなく、オンライン手続きは用意していない。
  • 解約手続きは、SIMカードの返却をもって完了としている。
  • その返却処理中にクレジットカード情報は削除する。

上記のようなアナログ処理となっていた。

退会・解約処理で重要なのが初回に送付されたレターパックだったのには驚いた。その「荷物追跡番号」を使ってSIMカードとクレジットカード情報と利用者を紐づけているという。

誤って捨ててしまったり、異なる方法で送付していたら面倒なことになりそうだ。

7月22日の請求については7月利用分ということなので正当な請求となる。毎月25日で解約受付を締めているようで、それ以降は翌月末の解約になるとのこと。

そのため、7月22日の夕方にレターパックをポストへ投函した。東京から発送なので25日までに大阪へ届けば良いが・・・。

また、最初から不安を覚えていたサービスだったため年契約ではなく月契約を選んでいたことが良かった。追加の解約費用はないと説明された。

契約プランによっては次のような費用が追加請求されるようだ。

【SIMフリーカード契約プラン】

(1年プラン解約費用)すべて稅別
0〜12ヶ月:9,500円
13ヶ月目:0円
14ヶ月〜:4,750円

(2年プラン解約費用)すべて稅別
0〜12ヶ月:9,500円
13〜24ヶ月:7,000円
25ヶ月目:0円

なんだかんだで泡となって消えてしまったiVideo暮らし。

それにしても、今回は通話と通信で大活躍してくれた楽天モバイルには期待しかない。
こう書くと「すごく良い回線」に思えるかもしれないが、正直に書くと定期的に通信が遅くなったり、かけ放題はアプリ通話のためか相手が聞き取れない状態になることが多い。

やはり1年無料のテスト期間中、新たにメイン回線を探す必要がありそうだ。

なにはともあれ、iVideoありがとう。

よく一緒に閲覧される記事

ドコモが携帯料金値下げへ、さらに来春サブブランド参入…楽天やSBが対抗とも

NTTドコモが大手通信3社で初となるメインブランドの携帯料金値下げ

mineoが月額200円で国内3キャリア対応、5G通信オプション発表・キャンペーン

オプテージは11月30日、通信サービス「mineo(マイネオ)」におい

楽天モバイルがブラックフライデー対象に、最大ポイント53倍

まもなく開催される楽天市場のブラックフライデー連動企画に楽天モバイルが

→もっと見る

PAGE TOP ↑