Apple Watch Series 6はバッテリー増量、分解で判明

公開日: : Apple ,

Apple Watch Series6 iFixit 01

電子デバイスの修理や関連グッズの販売を行なっているiFixitが、発売日を迎えたApple Watch Series 6の40mmと44mmの分解を行っている。

Apple Watch Series 6の分解で判明したこと。

今回ティアダウンの犠牲となったのはドイツのショップで販売されていたセルラーモデルとなっている。

先代のシリーズ5と大きな違いとしてForce Touch(感圧タッチ)非対応となり関連パーツ(ガスケット)が取り除かれ、分解が簡単になったと報告している。

このガスケットがなくなったことでシリーズ5の厚み10.74mmに対して10.4mmと薄型化に貢献しているとも伝えた。

バッテリー容量は、44mmが1.17Whで先代よりも3.5%増量、40mmが1,024Whで8.5%増量となっている。大きなモデルの方がバッテリー容量が少ないのは興味深い。

Apple Watch Series6 iFixit

ディスプレイは、シリーズ5よりも明るいディスプレイを搭載しているとのこと。

シリーズ6の目玉機能「パルスオキシメータ」用に赤や緑のフォトダイオードを介して光を当て、跳ね返りを観察して血液中の酸素状態をチェックすると解説、体温を計測するようなパーツはないと報告した。

同社はApple Watch Series 6の修理しやすさスコアを最も簡単な10に対して「6」と判定している。

Source:iFixit

よく一緒に閲覧される記事

iPad Air 4の発売日が決定、在庫状況と配送予定日

Appleは10月16日、最新タブレット端末「iPad Air 4

Appleシリコン搭載Macは11月17日に発表か

Appleが計画しているというSilicon搭載Macの発表が11月1

iPhone 12シリーズのRAM情報リーク、最大6GBを搭載へ

Appleが発表した新しいiPhone 12シリーズのRAM情報が伝え

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑