iPad Air 4(A14チップ)のベンチマークか、新旧チップのスコア比較

公開日: : Apple ,

「まもなく発売」とだけ案内されている2020年10月リリース予定の第4世代iPad Airと思われるベンチマーク・スコアが発見された。

既存モデルとの比較やRAM情報も伝えられている。

iPad Air 4のベンチマークスコア登場か

Appleが先日発表したiPad Air 4は5ナノメートルプロセス技術を採用し118億個のトランジスタを詰め込み、電力効率を向上してバッテリーは最大10時間持続になったというA14チップを搭載している。

A14 Bionicチップについては、次のようにパワーアップしていると案内していた。

  • 6コアCPU(A12 Bionicに比べて40%高速)
  • 4コアGPU(A12 Bionicに比べて30%高速)

これにより4K動画の編集にも耐えられると紹介、クリエイティブ作業に使えるタブレット端末として説明している。

第4世代iPad AirのディスプレイやカメラなどはApple製品ページで公開されているが、A14 Bionicチップの処理性能を示す具体的なスコアとRAMは掲載されていない。

Geekbench 5のスコア

IPadAir4 2020 A14Bionic GeekBench Score

実績あるリーカー@L0vetodream氏が紹介するGeekbench 5結果ページを見ると「iPad13,2」という端末は、マザーボード名「J308AP」となっている。

同氏によると「J308AP」はiPad Air 4のセルラーモデル、「J307AP」がWiFiモデルになるという。

Geekbench 5に掲載されているスコアと主要な情報は、次のようになっている。

  • シングルコアスコア=1,583
  • マルチコアスコア=4,198
  • 6コア(2.99GHz)
  • RAM3.66 GB

なお、一部の海外メディアは過去のベンチマーク情報で3GHzを超えていたが、今回のスコアでは下がっているという指摘をしていた。

新旧チップのスコア比較

IPadAir4 2020 A14Bionic

今回のスコアについて、MacRumorsはA13 BionicチップとA12Zチップを掲載している。

  • A13 Bionicのシングルコアスコア=1,336
  • A13 Bionicのマルチコアスコア=3,569
  • A12Zのシングルコアスコア=1,118
  • A12Zのマルチコアスコア=4,564

Appleの製品ページではA12 Bionicとしか比較していなかったが、A13 Bionicと比べても処理性能が向上しているようだ。

また、A12Zチップを搭載した上位モデル「iPad Pro 2020」と比べてもシングルコアスコアの処理性能は高く、マルチコアスコアでも大きく離されていないことがわかる。

ウィズコロナで顔認証の問題が話題となったが、Xperiaのように電源ボタンに指紋認証を内蔵したiPad Air 4がProモデル並みの処理性能と第2世代Apple Pencilに手にしたことで人気が集まりそうだ。

iPad Air 4は2020年10月中に発売すると案内されている。

Source:geekbench / Twitter / macrumors / Apple

よく一緒に閲覧される記事

Intel版MacBook Proが全て販売終了に、M1モデルの価格一覧

Appleが新たに発表した14インチと16インチのMacBook Pr

Appleが1枚1980円の「布」発売、主な機能

Appleは日本時間2021年10月19日、これまでApple Pro

AirPods(第2世代)が値下げ、第3世代の非対応機種にiPhone6など

Appleが日本時間10月19日に発表したAirPods(第3世代)に

→もっと見る

PAGE TOP ↑