ソフトバンクがMNP手数料を完全無料化か、ネットも店舗も0円

公開日: : ソフトバンク

IPhoneSE2020 Review 20200528

読売新聞は10月24日、独自取材としてソフトバンクが「番号持ち運び制度」(MNP)を利用して他社へ転出する手数料を撤廃するようだと報じた。

ソフトバンクが大手3社で初めて全面撤廃へ

契約会社を変更しても同じ電話番号を使えるMNPサービスを利用して他社に転出する際、現在ソフトバンクは3000円+税の支払いを求めている。

これは携帯大手3社が共通で設定しているもので、格安スマホとも呼ばれているMVNO各社も同額を設定していた。

MNP手数料については、9月7日に総務省の有識者会議が「番号ポータビリティー制度」利用時の手数料3000円がネット0円、店頭1000円以下への引き下げや手続き時間に関する方針が決まったと報じられていた。

しかし、ソフトバンクは全面的に無料とする方針だという。

実現すれば携帯大手3社で初となるが、ソフトバンクからの発表は行われていない。

前回→MNP手数料0円は今秋にも制度化へ、総務省が承認

Source:読売新聞

よく一緒に閲覧される記事

ワイモバイル、月額1980円からの5Gプランを3つ発表

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄がモバイル通信サービス「ワイモバイル」

ソフトバンクが月額6580円「メリハリ無制限」発表、テザリング制限などドコモと違いも

ソフトバンクが12月22日、4Gと5G向けの新料金プラン「メリハリ

ソフトバンクが20GB/2980円新料金プラン発表、LINEモバイルとの違い

ソフトバンクは12月22日、オンライン発表会においてデータ容量20

→もっと見る

PAGE TOP ↑