iPhone 12 mini 分解、バッテリーがSEより大容量など判明

公開日: : Apple , ,

リペア会社iFixitが恒例となっているiPhoneの分解を行い、iPhone 12 miniがiPhone SE 第2世代よりも大容量のバッテリー搭載など内部パーツについてレポートしている。

iPhone 12 mini 分解、内部パーツが明らかに

今回iFixitは米国モデルとEUモデルのiPhone 12 miniを入手、分解したのは米国モデルのため5Gミリ波(mmWave)対応チップが追加されている。

Tapticエンジンについて、同時発表されたiPhone 12 Proと比べて25%小さい(15.14×10.9×3.44 mm)と報告、それによる性能の違いまでは言及されていない。

ストレージはKioxia製で、メモリはMicron製、5GモデムはQualcomm Snapdragon X55Mが搭載されている。

注目ポイントとしてバッテリー容量は8.57Whを積み、iPhone SE 第2世代の6.96Whより大容量であることを挙げた。iPhone 12 / 12 Proは10.78Wh。
また、iPhone 12 シリーズの大画面3機種のワイヤレス充電は最大15Wだが、miniだけ12Wと少ないものの、有線ケーブルは4機種とも20W急速充電で変わらないと伝えている。

IPhone 12 mini iFixit

同社が出したリペア難易度は、最も簡単とする10点満点中6点。

高評価ポイントとしてディスプレイと電池や多くのパーツが交換しやすい設計になっていることを挙げている。
その反対に難易度を高めている理由として接着剤よりは良いが特殊なネジの多用、高い防水性能の維持、背面のガラスパネルが割れやすく、かつ交換できない仕様となっていることを挙げた。

Source:iFixit

よく一緒に閲覧される記事

COMPLY、待望のAirPods Pro専用イヤホン チップ発売

エントリージャパンが2020年8月ごろに発売など延期を繰り返してい

Mac mini (M1 2020)購入レビュー、Intel版とベンチマーク比較や不具合の話

先日、Mac mini (M1 2020)が中国から届いた。 数

M1チップMacはBoot Camp非対応、Windowsユーザー注意

AppleがBoot Campのサポートページを更新し、Intelプロ

→もっと見る

PAGE TOP ↑