Mac mini (M1 2020)のディスク読み書き速度を比較

Mac mini (M1 2020)の製品レビュー、今回はディスクの読み書き速度を知るべくWindows向けのベンチマークソフト「CrystalDiskMark」をMac向けに開発した「AmorphousDiskMark」でスコアを計測した。

また、手持ちのMacBook Proでもスコアを計測したので比較、違いをシェアしたい。

Mac mini (M1 2020)のディスク・ベンチマーク・スコア

今回ベンチマークを行ったMacは2台とも1TB SSDのため、ディスク容量による読み書き速度の違いはなく、純粋なディスク性能によるスコア差を期待できる。

はじめにメインで使っているMacBook Proのスコアを掲載する。

APPLE SSD AP1024M  Intel Core i7 8559U

AmorphousDiskMarkは「CrystalDiskMark」と同じ開発者のアプリだけあって馴染みある画面、続いてMac mini(M1 2020)のスコアを見てみよう。

Mac mini M1 2020 AP1024Q

ファイルコピーなどで重要になってくるシーケンシャルリード/ライト(上の2段)はQD8でMacBook Proが僅かに良く、QD1ではMac miniが大幅に良いという結果になった。

次にOSやアプリの起動、ブラウザ表示などで重要なランダムリード/ライト(下の2段)は読み込みはMac mini、書き込みはMacBook Proという結果になった。

上記の2つから順番にデータを読み書きするシーケンシャル値はMac miniのほうが低速を底上げしたことでトータルで見れば性能が高い。また、日常作業で重要なランダム値は頻繁に行われる読み込みがMac mini、書き込みがMacBook Proということから総合的に見ても体感で速く感じるのはMac mini (M1 2020)と言えそうだ。

なお、MacBook Pro(Intel 2018)はAP1024M SSDを搭載し、Mac mini (M1 2020)はAP1024Q SSDを搭載していた。

価格差が2倍以上もする2機種、体感速度に直結するランダム読み込みとシーケンシャルの底上げを果たしたMac miniのコストパフォーマンスは凄まじいものだと改めて実感できた。

前回→Mac mini (M1 2020)購入レビュー、Intel版とベンチマーク比較や不具合の話

よく一緒に閲覧される記事

iPhone 12 mini減産し12 Pro増産か、日本で4モデル配達状況をチェック

2020年1月に入ってからiPhone 12シリーズの売れ行きが報

iPhone 13で指紋認証が復活か、2021年モデルの可能性 #TouchID

実績あるリーカーJon Prosser氏が2020年12月に伝えていた

Appleが折り畳みiPhone開発中か、iPhone13は充電ポート廃止など

Appleが2021年内にリリースするiPhone 13についての最新

→もっと見る

PAGE TOP ↑