Mac mini (M1 2020)のメモリが爆速な件について、ベンチマーク比較

Mac mini (M1 2020)の購入レビュー、今回はメモリ(RAM)の読み書き速度をベンチマークソフトで計測、手持ちのMacBook Proと比較した内容をシェアしたい。

Mac mini (M1 2020)のメモリって速いの?

最初はメモリやディスクの換装ができないということに落胆していたが、それは同時に「換装しなくても良い」という期待も抱かせた。「換装不可」というだけで安易な思考停止に走ることもできるが、Appleが今後2年間をかけて切り替えていくというM1チップを担うRAMについても検証したい。

今回ベンチマークを計測したアプリは、前回のストレージテストで使用した開発チームが提供するAmorphousMemoryMarkのバージョン1.1を使用した。同アプリはCrystalDiskMarkの開発者から許可を得て似たデザインにしているのが特徴だ。

はじめにMacBook Pro(Core i7 / RAM 16 / 1TB SSD / 2018)のスコアを見てみよう。

LPDDR3 2133 Micron

続いてM1チップを搭載したMac miniのスコアを見てみよう。

Mac mini M1 2020 memory

いかがだろうか。

ランダム書き込みだけ8GB/sと一桁で目立っているが、それ以外の読み書き速度はIntel版MacBook Proに比べ最大で6倍以上も高速という結果になった。

同じRAM16GB同士のMac端末なので容量による速度差はない。新しくなったCPU(M1チップ)とボトルネックになる最も低速なストレージのベンチマークばかりに気を取られていたが高速なRAMが爆速になっているとは思わなかった。

最初のレビューで書いたようにブラウザが落ちたりしないようアップデートで調整されたら頼もしい端末になりそうだ。

前回→Mac mini (M1 2020)のディスク読み書き速度を比較

よく一緒に閲覧される記事

iPhone 12 mini減産し12 Pro増産か、日本で4モデル配達状況をチェック

2020年1月に入ってからiPhone 12シリーズの売れ行きが報

iPhone 13で指紋認証が復活か、2021年モデルの可能性 #TouchID

実績あるリーカーJon Prosser氏が2020年12月に伝えていた

Appleが折り畳みiPhone開発中か、iPhone13は充電ポート廃止など

Appleが2021年内にリリースするiPhone 13についての最新

→もっと見る

PAGE TOP ↑