ドコモ「ahamo」発表、契約条件なし月額2980円で20GB/5分話し放題など

公開日: : NTTドコモ

NTTドコモは12月3日、月間データ容量20GBと5分以内の通話し放題を月額2,980円(税抜)で利用できる新たな料金プラン「ahamo」を発表した。新規契約事務手数料やMNP転出手数料、細かい割引の条件などを極力なくしたシンプルな料金プランを心がけたという。

データ超過後の速度制限や手数料など詳細を記録する。

ドコモ「ahamo」とは。

ahamoはドコモのサブブランドではなく、ドコモ提供ながら実店舗で提供せずオンライン限定により低価格を実現した月額2980円(+税+ユニバーサルサービス料)プラン。

ahamoには以下の3つの意味を込めたとしている。

  1. 「未知の物事を瞬時に理解すること」を意味する「アハモーメント」
  2. 「なるほど」という相づちの英語表現「Aha」
  3. 「楽しい時にアハハと笑う」感嘆詞としての「アハ」

新規契約の手続きは専用のWEBサイトで受付を行い、契約後も専用アプリでデータ利用量や料金の確認、各種手続きが行えるという。操作やサービスもウェブサイトで調べられるほか、サポートはチェットで行う。

大きな特徴として「新規契約事務手数料」、「機種変更手数料」、「MNP転出手数料」といった事務手数料が全て無料という点が挙げられる。また、2年定期契約や解約金の設定もない。

超過後の通信速度などデータ通信と通話

ahamoは月間データ容量20GBまで利用可能で超過後は最大1Mbpsの通信速度となる。また、月間データ容量は海外82の国々・地域でも追加料金なく利用できる。これにより渡航先での手続きも必要はなく、各種インターネットサービスを利用できるとしている。
また、4G通信だけでなく5G通信にも対応しており、ドコモの「瞬速5G」を体験できるとした。

通話サービスでは5分以内であれば国内通話が何度でも無料、5分超過後は30秒ごとに20円が課金される。

個別課金についてはデータ追加が1GBあたり500円+税、月額1000円の追加で国内通話がかけ放題になる。

提供開始日と先行エントリー

Docomo ahamo

ahamoの提供開始日は2021年3月を予定、具体的な提供開始日は決まり次第知らせるとしている。

契約は個人限定(20歳以上、20歳未満は親が契約して利用登録する形になる)、dアカウントが必須となり、キャリアメールは提供されない。支払い方法は口座振替とクレジットカード払いが選べる。

ドコモ契約者はMNP手続き不要でプラン変更だけで手続きが完了するが2021年5月まではシステムが対応していないため、他社からのMNP手続きと同様の手続きが必要になるとしている。その際の手数料や解約金はないとのこと。

ドコモではahamo提供開始に先立ち、同日より提供開始日の前日まで先行エントリーを受付を開始。専用サイトから電話番号とメールアドレスを登録しておき、提供開始後にahamoを契約することでdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントが進呈される。

→詳細はahamoキャンペーンページ

よく一緒に閲覧される記事

ドコモ「5Gギガホ プレミア」発表、大容量WiFi+格安SIMと料金比較・懸念点

NTTドコモは12月18日、リーク通り新しい料金プラン「5Gギガホ プ

ドコモ「5Gギガホ」を無制限化して値下げか、4Gもデータ倍増に値下げとも

NTTドコモの「5Gギガホ」プランを現在より1000円値下げした月

ドコモが8型eSIM「dtab Compact d-42A」発売日を発表、スペック

NTTドコモは12月11日、4G通信に対応したeSIMタイプの8型タブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑