次期iPad mini(第6世代)は狭額縁8.4インチに拡大か、側面Touch IDの可能性

公開日: : Apple ,

2021年3月の発売が噂される新しいiPad miniについて、画面サイズが現行の7.9インチよりも大きい8.4インチになるといった新たな情報が伝えられている。

次期iPad miniはiPad Airに近づく可能性

Macお宝鑑定団 blogは1月9日、中国サプライヤーから得た話として第6世代iPad miniのディスプレイがベゼルレス仕様で第3世代iPad Airのようになるほか、Touch IDとLightningポートを継続した第9世代iPadのデザインに統一されるようだと伝えた。

Appleは最新iPad Airでディスプレイのベゼルレス化を行い、Touch IDを電源ボタンを内蔵しており、それをiPad miniへ採用することが期待できるリークとなっている。

その一方で「第9世代iPadとデザインが統一」とも伝えた。

同メディアは先日、次期iPad(第9世代)の画面サイズが拡大し、かつ薄型軽量化をすると伝えており、その情報も含めるとエントリーモデルの2機種が一気にベゼルレス化し画面を拡大し、それに伴い(リークでは言及されていないが)Touch IDが側面に移動することが期待できる。

iPad-Apple-pencil-support

新しいiPad miniは2021年3月にも発売すると噂されており、今回のリーク通りであれば最も小さいiPadが8.4インチに拡大する。その際にホームボタンを継続するとiPad miniと呼べるサイズではなくなることから側面Touch IDを採用する可能性は高く、大きな進化が期待できそうだ。

前回のApple→次期iPad(第9世代)は大幅に薄く、軽くなる可能性
前回のiPad mini→次期iPad miniは8.5インチか、2021年モデル

リンク:Macお宝鑑定団 blog

よく一緒に閲覧される記事

次期Apple Watch、血糖値測定に対応か

コロナの影響で血中酸素測定できるApple Watchの重要度が高まる

Apple「iPhone 12は医療機器から15cm/30cm離して」と案内

Appleは日本時間2021年1月25日、iPhone 12シリーズと

日本でもApple Watchの心電図・不規則な心拍が利用可能に、対応端末

Appleは日本時間1月22日、日本においてAppple Watchの

→もっと見る

PAGE TOP ↑