Google Pixel 7はディスプレイ埋め込みカメラ採用か

公開日: : Google Nexus

Googleが2020年9月にディスプレイ埋め込み型カメラに関する特許を申請していたことが世界知的所有権機関(WIPO)の公表で明らかになった。

Googleがディスプレイ埋め込みカメラの特許申請

2021年5月6日にWIPOからリリースされた23ページにわたる資料のタイトルは「サブディスプレイカメラ付きフルスクリーンディスプレイ」で、画面下にフロントカメラを埋め込むという特許だ。

その資料によると、プリズムによる光の屈折を利用するためメインと同じピクセルを持つ小さなセカンドディスプレイ(OLED)が用いられる。すでに同様の特許はSamsungから申請されているが、Googleは2つめのディスプレイの統合方法が異なるとのこと。

また、フロントカメラ部分には環境センサー、近接センサーを含めた3つのセンサーが搭載され、最後の1つはIRセンサーではないかと伝えるメディアもあり、そうなればPixel5で省略された顔認証が復活することになる。

Google Pixel7 leaks 20210519113211

ディスプレイ埋め込みカメラの導入時期

今回の特許内容を採用したスマートフォンが発表される時期については不明だが、2021年後半リリースといわれている「Pixel 6」シリーズについてはレンダリング画像のリークで「パンチホールカメラ」が確認されているため間に合わないと見られている。

それもあってか、海外メディアではPixel 7でディスプレイ埋め込みカメラが搭載されるのではないかと伝えていた。

ちなみにPixel 6シリーズではGoogle初の折り畳み式スマートフォンが発表されるという別のリークで盛り上がっている。

折り畳みディスプレイが普及するかわからないが、画面埋め込み指紋センサーが普及していることから埋め込みカメラが2022年に増える可能性はありそうだ。

Source:letsgodigital

よく一緒に閲覧される記事

Google Pixel 6aもTensorチップ採用か、カメラで差別化

Googleが次にリリースすると見られているミッドレンジ「Pixel

Pixel Fold開発中止か、Googleが部品発注をキャンセルとも

Googleが早ければ年内にも発表すると期待されていた折り畳みディスプ

Googleストア、11/25のブラックフライデー予告ページ公開

Googleストアが11月25日よりブラックフライデーを開催するとして

→もっと見る

PAGE TOP ↑