楽天モバイル、ユニバ料と電話リレー料を8/1よりユーザー負担へ

公開日: : モバイル通信

楽天モバイルは6月1日、ユニバーサルサービス料と電話リレーサービス料について2021年8月1日より利用者負担にすると発表した。

楽天モバイル、ユニバ料と電話リレー料をユーザー負担へ

ユニバーサルサービス制度は、NTT東日本・西日本によるユニバーサルサービス(加入電話・公衆電話・緊急通報)の提供の確保に必要な費用の一部を、通信事業者全体で電話番号数に応じて負担する制度。

また、電話リレーサービスは「聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律」のもと提供。

ユニバーサルサービス料は1電話番号あたり月額3円、電話リレーサービス料は1電話番号あたり月額1円(年間合計6円)となる。

利用者負担の時期について

Rakun-Un-LIMIT-review_8864-01

ユニバーサルサービス料は、2021年7月利用分(2021年8月請求分)より利用者負担に変更される。

電話リレーサービス料は、 2021年8月利用分(2021年9月請求分)から請求する。

免除について

上記の料金は、「プラン料金1年間無料キャンペーン」もしくは「プラン料金3カ月無料キャンペーン」の適用期間中は請求されない。

また、「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン料金1回線目において、データ利用量が1GBまでの月(プラン料金が0円となる月)も請求しないとしている。

上記の説明しかないため2回線目以降の扱いは不明、また2つの料金は1年に一度料金の見直しが行われていることを案内している。

リンク:楽天モバイル・プレスリリース

よく一緒に閲覧される記事

楽天モバイル、Rakuten MiniなどAndroid 12アップデート対象外か

楽天は10月27日、通信サービス「楽天モバイル」で販売しているAndr

ソフトバンクがLINEモバイルを吸収合併、今後のサービスについて

ソフトバンクは2021年10月22日、株式を100%取得して完全子会社

月額550円で無料通話10分、OCNモバイルONE「ドコモのエコノミーMVNO」提供開始

NTTコミュケーションが運営するOCNモバイルONEは10月21日、ス

→もっと見る

PAGE TOP ↑