Microsoftが「Windows 11」発表か、次世代のWindowsイベント開催へ

公開日: : Microsoft

Microsoftは6月2日、公式サイトで「次のWindowsを一緒に見よう」としたイベント告知ページを公開した。同イベントは2021年6月24日に開催予定。

この発表前には、Windows OSに関してナデラCEOが発言をしていたことから、海外メディアは「次世代のWindows」や「Windows 11」として取り上げている。

Microsoftの「次世代のWindows」とは。

The Vergeによれば今回のWindowsイベントはナデラCEOとパネイCPOが登壇し、新しいUIとなるコードーネーム「Sun Valley」について説明するようだ。

Sun Valleyは新しいスタートメニューとタスクバーのレイアウト、アイコン、サウンド、アプリのデザイン、アニメーション効果が刷新されると伝えられている。これをマイナーアップデートとみなすのかという話もあるだろう。

現在、確定している項目は次の通り。

  • 2021年6月24日にWindowsイベントを開催
  • 東部標準時間午前 11 時からライブ配信を開始

先日は軽量版Windowsこと「Windows 10X」の開発停止が伝えられていたが、それは「次世代のWindows」=「新しいUI」へ注力するためとも伝えられている。

Windows 11の可能性

The Vergeはイベントが11時に開始されるほか、招待状にあるロゴの光が「11」に見えることからMicrosoftが「Windows 11」を発表する可能性もあると伝えた。

Windows event 20210603130734

上図の招待状にある画像を見ると、確かにWindowsロゴを通り過ぎた光はクロスしていない。

他の海外メディアでは、これまでのWindowsライフサイクルから考えて2015年リリースのWindows 10が今年で6年目を迎える節目であることから、「Windows 11」リリースはありえるとも伝えている。

Windows 10がラストといっていたような記憶もあるが、次世代のWindowsに関するイベントの模様はライブ配信ページで公開される予定だ。

Source:Microsoft ライブ配信 / THE VERGE / Windows Central

よく一緒に閲覧される記事

Google、2022年よりWindowsでAndroidゲーム可能と発表

Googleがイベント「The Game Award 2021」におい

Microsoft、ついにWSLプレビュー版をストア配布開始(Linux)

米Microsoftは現地時間2021年10月11日、Windows

Windows 10、まもなく一部アプリを拒否開始。

Microsoftは2021年8月初旬よりWindows 10において

→もっと見る

PAGE TOP ↑