アマゾンがRAVPower製品を削除、レビュー操作・不正が原因か

公開日: : 周辺機器

2021年5月にアマゾンのECサイトからAukeyとMpowの製品が姿を消したことが話題となったが、新たに日本でも人気を集めていたRavPowerブランドが米国と日本のアマゾンから姿を消した。

今回の件についてアマゾンは削除を認めており、愛好者は密林でRAWPowerの姿を探し回っている。

アマゾンからRavpowerが姿を消した日

TheVERGEによると、RAVPowerがアマゾンの排除対象となった理由はインセンティブレビューのようだ。

これについては数日前、ウォールストリートジャーナルのライターがRAVPower製品のレビューを行うことで35ドルのオファーを受けた話を掲載していたことに触れている。

RAWPowerといえば窒素ガリウムを採用した小型USB充電器で最小・最軽量を競う(発表記事へ)など努力しているメーカーといった印象だった。プレスリリースに割引クーポンを付与することはあるが、それはANKERなども行っていることだ。

RAWPowerにはタブクルもライターとして何度か製品提供を受けていたが、リアルな感想を書いても訂正を求めてくるようなこともなく好印象だった。

RAVPower_RP-PC104-Review.0

画像:窒化ガリウムで45W急速充電『RAVPower RP-PC104』購入レビューより

思い返せばRAWPowerの製品パッケージにはクーポンをプレゼントするといったカードが入っていた。あれが直接的な原因なのかはわからないし、実際にもらえるのかも定かではない。そもそも他社製品を買っても同じようなカードは高確率で同封されている。

記事公開直前にRAWPowerとアマゾンで検索したところ、Ankerなどの他社製品がヒットするだけでRAWPower製品は1件も該当しなくなっていた。

この制裁が一時的なのか、今後もアマゾンで販売できなくなるのか。そして多くのメーカーが行っているクーポン・カード同封について対処するのかにも注目したい。

アマゾンは楽天やヨドバシに比べて実際に使用したのか疑ってしまう内容の薄いレビューが多いため、昨日レビューしたマグカップを購入する際は楽天と個人ブログ等で情報収集したのを思い出した。これを機にアマゾンのレビューが価値あるものになることを願いたい。

→アマゾンにおける最新のRAWPower検索結果へ(タブクルのRAWPoer製品記事リスト) Source:THEVERGE

よく一緒に閲覧される記事

防災ラジオになるスマホ24選、白ロム活用術 #ラジスマ

海外では2019年から続くバッタの大群(TBS報道特集の動画へ)、各国

首振りUSB扇風機「WINDPOWER」購入レビュー

アマゾンに注文していたUSB扇風機が到着した。 風量は数年前のUSB

首振りできるハンディUSB扇風機を注文、あの機器は今。

ハンディ扇風機は機動力に優れるものの卓上タイプのように連続運転に向かな

→もっと見る

PAGE TOP ↑