(仕事の道具)北欧から来た500mlマグカップ「ARABIA KOKO」購入レビュー

公開日: : 最終更新日:2021/06/17 周辺機器 , ,

前回レビューしたティッシュよりも塵の出ないロールティッシュは品切れが続くようになり、ここ数回の楽天セールで買えなくなってしまった。そのため、購入者が増え結果としてロールティッシュの種類が豊富になれば嬉しいと思うことで寂しさに耐えている。

さて、今回は在宅ワークはもちろんオフィスでも活躍するであろう大容量マグカップについてレビューしたい。

そのマグカップは、「ARABIA」(アラビア)というイッタラグループが所有するフィンランドの陶器ブランドにあるKOKOシリーズの1つで、同国内における評価は高く、中古市場でも高値取引されるほどだ。

とはいってもウンチクは記事を書くにあたって知ったことで、私は単純にデザインが洗練されていて、500ml前後のマグカップにおいて軽量で、昔から使っているという愛用者のレビューを見たから購入した。

この記事では実際に使って良かった点、便利な使い方、デメリットはあるのかなどを記録する。

「ARABIA KOKO」購入レビュー

「ココ」という名前からして愛らしいマグカップ、色はホワイトを選んだが洗面台にあるような真っ白ではない。「リネンの生成り」とまではいかないものの純白だと思わない方がよいだろう。

定番モデルらしくカラーバリエーションはブルーやレッドなど豊富、色をライフスタイルに合わせて選べる。

ECサイトで「500ml マグカップ」と打ち込めば複数の製品が出てくるものの、次のような不安ポイントがあった。

  • 割れないためなのか、カップが厚めで重い
  • 取っ手だけ標準サイズ、指に負担がかかりそう
  • 底に向けて極端に狭くなっているので使い勝手が悪そう。洗うときに手間がかかりそう
  • 割れる、取っ手が取れるというレビュー
  • 品質管理が良くない、複数購入するとムラがある

上記はマグカップに限ったことではないが、楽天市場などのレビューを1件ずつ見て回ったところ書いてあったことだ。

今回レビューしているKOKOは決して手頃な値段ではない。それこそ半額以下で販売している500mlマグカップもあったが、インテリア系のメディアなどを含めレビューを見てまわったところ「ARABIAブランドが無難」「結果として資産(時間や金銭など)を浪費しない製品」という答えにたどり着いた。

ARABIA KOKOを使ってみた感想

ARABIA koko review  1

500mlの大容量マグカップなので決して軽くはないが、見た目より軽い。

マグカップで重要な「取っ手」も持ちやすく、かといって場所をとるほど大きすぎない。妙に尖ったデザインでもないので様々なインテリアに馴染むだろう。

外観を気に入って購入したのでデザインは満点、カップ内径は底へむけて緩やかに狭くなる仕様なので、スポンジの先端も難なく入り洗いやすかった。

また先ほど触れた通り真っ白ではないので茶渋やコーヒー、ワインなどの色移りも敏感にならなく、かといって色がついた落ちたの判断ができる程度に白いため洗い残しや汚れには気付き易い。

おすすめの使い方

なぜ500mlのマグカップを購入しようと思ったのかというと、もともと500mlの器でオートミール・レシピを作っていたからだ。

具体的にはオートミールにヨーグルトとキウイ、豆乳とドライレーズンを入れて食べるのだが、そのあとに行う「器を洗う作業」を断捨離したくなった。そこで食後にコーヒーや紅茶を飲むコップも「同じ器」にしようという結論に至る。

それが、500mlマグカップの購入理由。

朝起きたら以前レビューした水筒から白湯をKOKOに入れて飲み、(1日1食なので)普段は夕食だけだが朝食にしたいときはKOKOにオートミール等を入れて食べる。皮ごと入れるキウイも1個まるまる入るので器としても優秀だ。その後、コーヒーなどを入れて飲むので洗い物は常に1つだけ。

(ちなみに電子レンジ対応なのでオートミール+トマトジュース+ブロッコリー+胸肉+チーズ等の味付けといった具合に即席調理もできる)

以前は器に水をつけて放置していたが、今では洗い物がない状態が当たり前となった。

小腹が空いたとしても乾燥わかめ+鶏がらスープの素を入れて電子レンジで簡単スープをつくり満たせる。

また、リプトンの紅茶パックやドリップコーヒーなどに至っては1回で完了できることも伝えたい。500mlなので複数回にわけてパックの出し入れすることなく、そのまま捨てられるのでシンプルになった。

漫画「はたらく細胞」シリーズ(アマゾン検索結果ページへ)で学んでから、水場の放置による細菌の繁殖が気になっていたので衛生面の大幅アップグレードは心地よい。

たかがマグカップと思うかもしれないが、洗い物の手間や乾かす場所、器を選ぶ思考時間と取り出し・片付け時間、保管・収納スペース、衛生面を考えると大容量500mlのARABIA KOKOは万能マグカップだといいたい。

ARABIA koko review  2

製造時期によって底面の印字が上図のような新モデルに変わるそうなので、古道具が好きならラベルに注目して購入するのも良いだろう。

デメリットについて考えると、万能ゆえに割ってしまった時の喪失感が大きそうだ。かといって予備用に500mlの陶器を2つ所有するのも何か違う。そのため、生産終了にならないかを怯えることくらいだろうか。

いつか割れたとしても、もう一度と手を伸ばしてしまう製品になりそうだ。

→実際に購入した楽天市場の販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

15.6型/タッチ対応で3万円以下、JAPANNEXTがUSB-Cモバイルディスプレイ「JN-MD-IPS1563FHDR-T」発売

液晶ディスプレイの製造や販売を手がける千代田区のJAPANNEXT(ジ

まもなく発表「Xperia PRO-I」の画像リーク、RX100のボタンや1型センサーなど

ソニーが間もなく発表する新型Xperiaについて、国内リーカーより製品

Raspberry Pi 4が初の値上げ、半導体不足が影響

英ラズベリーパイ財団は現地時間2021年10月20日、世界的な半導体不

→もっと見る

PAGE TOP ↑