エスクペリア初のeSIM「Xperia 10 III Lite」発表、発売日・スペック

公開日: : ソニー ,

ソニーは8月19日、Xperiaシリーズ初となるeSIM対応のミッドレンジ5Gスマートフォン「Xperia 10 III Lite」を発表した。

発売日は2021年8月下旬以降を予定している。

SONY Xperia 10 III Liteのスペック

「Xperia 10 III」の派生モデルとなるXperia 10 III Liteはストレージが128GBから64GBとなり、FMラジオ非対応となっている。

さらに物理SIMスロットに加えて、仮想SIM「eSIM」が利用できる点が大きく異なる。DSDV(デュアルSIM、デュアルVoLTE)サポートにより1台のスマートフォンで2つの電話番号に対応できる。

ソニーが掲げたメッセージは次のようになっていた。

ハンドフィットサイズに大容量バッテリーを搭載し、より便利に楽しめる
eSIM対応 5Gミッドレンジスマートフォン『Xperia 10 III Lite』を商品化

スペック、主な仕様。

「Xperia 10 III Lite」の画面サイズは約6.0インチ、有機EL トリルミナスディスプレイ for mobile(HDR対応)/FHD+。

RAMは6GB、ROMは64GB、外部ストレージとしてmicroSD/microSDHC/microSDXC(最大1TB)に対応する。

CPUはQualcomm Snapdragon 690 5G Mobile Platformを搭載。

ハンドフィットを謳う本体サイズは約68mm×約154m×約8.3mm、大容量バッテリーと強調していた容量は4500mAhとなっていた。(重量169g)

OSはAndroid 11。

前面カメラは有効画素数約800万画素/F値2.0、背面カメラは次のようになっている。

16mm(超広角):有効画素数約800万画素/F値2.2
27mm(広角):有効画素数約1200万画素/F値1.8
54mm(望遠):有効画素数約800万画素/F値2.4

インターフェイスはUSB-C、防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)に対応。おサイフケータイとNFC、指紋認証、イヤホンジャックを搭載。

その一方でフルセグやワンセグ、ワイヤレス充電は対応していない。

Xperia10m3lite

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブルー、ピンクの4色展開。

価格

「Xperia 10 III Lite」は楽天モバイルやMVNO事業者から販売予定で、価格は4.5万円〜4.9万円程度とみられている。

「Xperia 10 III 」が5万円台前半で販売されている。

Source:SONY

よく一緒に閲覧される記事

XperiaのSIMフリー版とキャリア版の違い・周波数帯メリットとは

2021年10月26日にソニーが新しいXperia製品を発表すると予告

ソニーが新型「Xperia」発表へ、YouTube配信を予告

ソニーは日本時間2021年10月12日、XperiaのグローバルTwi

エスクペリア初のeSIM「Xperia 10 III Lite」発表、発売日・スペック

ソニーは8月19日、Xperiaシリーズ初となるeSIM対応のミッドレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑