数量限定でアマゾン5000pt還元、Anker PowerSolar 3-Port 100W発売

アンカー・ジャパンは8月31日、防災の⽇(9⽉1⽇)に合わせて同社初となる大容量ポータブル電源「Anker PowerHouse ll シリーズ」の充電対応ソーラーチャージャー「Anker PowerSolar 3-Port 100W」を同日付で発売した。

初回200個に限りアマゾン5000pt(5000円相当)を還元するセール(購入時に自動適用)も実施している。

Anker PowerSolar 3-Port 100W発売

新製品「Anker PowerSolar 3-Port 100W」は、ポータブル電源「Anker PowerHouse II 400」「Anker PowerHouse II 800」への充電にも対応したソーラーチャージャー。

インターフェイスはポータブル電源向けのXT60ポートに加え、最大15W出力のUSB-Cポートと最大12W出力のUSB-Aポートを搭載。

ソーラーパネルは最大消費出力100W。単結晶パネル採⽤により最⼤23.5%の高い効率でソーラー充電ができるとしている。

パネル部分は4枚折りたたみ式で、本体サイズは次のようになっている。

  • 収納時=525×470×85mm
  • 展開時=1446×525×45mm

重量は約5kg、展開時には背面キックスタンドで傾斜を調整できるのが特徴。

価格は29,800円。

Amazon.co.jpでは初回200個限定で5000円分のAmazonポイントを付与するキャンペーンを実施している。
また、Anker PowerHouse II 400もしくはAnker PowerHouse II 800と同時購入時にはセット割として、Anker PowerSolar 3-Port 100Wが5%相当の1490円OFFとなる。

B095XYQ2RY

管理人は一般的な1枚板のソーラーパネルでポータブル電源を充電しようとしたことがある。その際は太陽光が直角にならないと充電時の数値が落ちるためパネルの角度を頻繁に変更したこともあった。

また、マンションの小さなベランダでも対応できるよう50Wモデルを使ったが、実際は半分以下の数字もでなかったため最低でも100Wはないと実用的とは言えないだろう。

そう考えると今回の4枚折り畳み+キックスタンドで100Wは実用的なソーラーチャージャーと言えそうだ。

→最新の価格と割引状況・出荷日などはアマゾン販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

先着20%OFF、ANKERで最小最軽量のワイヤレスイヤホン「Anker Soundcore Life P2 Mini」発売

アンカージャパンは9月23日、Soundcoreシリーズにおいて歴代で

(発売記念20%還元)ANKER、256GB SSD内蔵のUSBハブ発売

Anker Japanは9月22日、USB-Cポートに接続するUSBハ

(ライフハック)1kg=400円の乾燥大豆から豆乳・枝豆・もやし等をつくろう。

近所のスーパーやネットショップで販売している格安の「乾燥大豆」を使うと

→もっと見る

PAGE TOP ↑