月額100円未満か、KDDI「povo 2.0」発表内容から最低維持費を計算する

公開日: : モバイル通信 ,

KDDIは9月13日、auのオンライン専用ブランドpovoにおいて、月額基本料0円から契約者が生活に合わせて10種類のトッピングを選べる「povo2.0」を発表した。

提供開始は2021年9月下旬を予定。

KDDI「povo 2.0」発表

「povo2.0」は、基本料0円のベースプランを契約した後で通話かけ放題などの「通話トッピング」、実質20GBが2,163円/月で利用できる60GB (90日間) など6種類の「データトッピング」、「DAZN」や「smash.」が一定期間データも含めて使い放題  になる「コンテンツトッピング」など必要な時にいつでも自由に購入し利用できるプラン。

また、コンビニや飲食店などの店舗やサービス利用でデータが貯まる「#ギガ活」を活用することで特典も得られるとしている。

povo2.0の新規キャンペーン開始

2021年9月13日から実施する「povo2.0デビューキャンペーン」に事前エントリーをしたうえで、「povo2.0」で対象のデータトッピングを購入すると初回購入データ容量に応じて最大20GBのデータをプレゼントされる。

povo 2.0の最低維持費と基本プランについて

ベースプランとして月額基本料0円となっているが、注意書きに「180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがあります。」と記載がある。

無課金の月額0円の状態では「月間データ容量=0円」となり、「通信速度は送受信最大128kbpsとなります。」とあった。

同じく0円の状態でも通話やSMSは可能で「国内通話料30秒あたり20円 (税込22円)」、国内SMS利用料は「送信: 1通あたり3円 (税込3.3円) [70文字まで]、受信無料」となっている。

以上のことから180日以内に下記いずれかの有料トッピングを購入する必要がある。

Povo2 0 price

データ通信は最安が390円のため、1回だけ購入して6ヶ月(月30日で計算)で割れば月額65円が最低維持費となる。

もう1つの選択肢、通話トッピングであれば最安の「5分以内通話かけ放題」の月額550円で、それを1ヶ月だけ契約して6ヶ月で割ると月換算92円となった。

また「180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがあります。」となっているため、未購入=即解約ではなく事前に警告などが届く可能性もある。

自粛生活で自宅の光回線を利用するためモバイル通信を全く使わないという人にとって、転貸回線(MVNO)ではない大手通信会社の直回線(サブブランド)では最安プランと言えそうだ。

楽天モバイルは昨日、大規模な通信障害があった。これまで何度か通信障害を体験したユーザーからはメイン回線として利用を不安視する声もあり、今後povoでライトユーザーを囲い込めるのか注目される。

なお、現在提供中のpovoの料金プラン名称を「povo1.0」に変更、同プランは2021年9月下旬 (予定) に新規受付を終了する。

Source:KDDI

よく一緒に閲覧される記事

月額100円未満か、KDDI「povo 2.0」発表内容から最低維持費を計算する

KDDIは9月13日、auのオンライン専用ブランドpovoにおいて、月

LINEMO、格安なミニプランにも「PayPayボーナス付与」発表

ソフトバンクは9月6日、モバイル通信サービス「LINEMO」で展開中の

先着で10GB=月990円、新MVNO「REMOモバイル」登場

RemoSpaceは9月2日、モバイル通信サービス「REMOモバイル(

→もっと見る

PAGE TOP ↑