アップルがiPhone 12など一斉に値下げ、新旧の価格差とは

公開日: : Apple ,

Appleが最新スマートフォン「iPhone 13」シリーズ発表にともない一部のiPhoneモデルを価格改定、値下げした。

すでにAppleオンラインストアは値下げ後の価格で販売している。

この記事では値下げされた各モデルの新旧価格を記録していく。

※記事内は全て税込表示。

iPhone 12などの値下げ前後の価格

先に悪いニュースを伝えておきたい。

今回の価格改定で唯一値上げした端末がある。

それが「iPhone SE 第2世代」、さらに256GBモデルの取り扱いも終了したため、次のような状況となった。

  • 64GBモデル:旧49,280円→新49,800円/差520円UP
  • 128GBモデル:旧54,780円→新55,800円/差1,020円UP

 僅かな値上げかもしれないが、それは言い換えれば価値のある端末と認識されたとも言えそうだ。

次に古株となったiPhone  11を見てみよう。

  • 64GBモデル:旧71,280円→新61,800円/差9,480円Down
  • 128GBモデル:旧76,780円→新67,800円/差8,980円Down

こちらも256GBモデルの取り扱いは終了、microSDカードスロットを配置しないことやストレージで価格を調整していることからも256GBはAppleにとって割りに合わないモデルなのかもしれない。

続いてiPhone 12シリーズを見てみよう。

スタンダードなiPhone 12の価格は次のようになっている。

  • 64GBモデル:旧94,380円→新86,800円/差7,580円Down
  • 128GBモデル:旧99,880円→新92,800円/差7,080円Down
  • 256GBモデル:旧111,980円→新104,800円/差7,180円Down

こちらは256GBモデルを含め一斉に値下げ、興味深いのは最安モデルも含めて値下げ額の幅が小さいことだろう。

本来であれば最も高額な256GBの値下げ幅が大きくても良いはずだが、やはり積極的に売りたくはないように感じる。

最後にiPhone 12 mini

  • 64GBモデル:旧82,280円→新69,800円/差12,480円Down
  • 128GBモデル:旧87,780円→新75,800円/差11,980円Down
  • 256GBモデル:旧99,880円→新87,800円/差12,080円Down

こちらは12000円前後と大きな値引きとなった。

お買い得な端末はあるのか。

今回の価格改定で目を引いたのは256GBモデルだった。

2つの機種で取り扱いを終了し、もともと安くて値下げ幅がないはずの64GBモデルと同程度の値引きしかないといった強い抵抗を感じた。

では、どの端末が買いなのか。

値下げ幅で言えば「iPhone 12 mini」シリーズが12000円前後の値引きとオトクになっている。

しかし、最初の言い値で売れなかったとも言い換えられるので適正価格になったと思えたなら買いだろう。

次点として各128GBモデル。

その理由はmicroSDカードスロットがないこと、過去記事のディスク速度テストで64GBが異様に遅かったことを挙げたい。

Iphone13mini iphone12mini iphoneSE2

前回のApple
iPad mini 6は買いか、iPad mini 5との違い。

よく一緒に閲覧される記事

Appleが1枚1980円の「布」発売、主な機能

Appleは日本時間2021年10月19日、これまでApple Pro

AirPods(第2世代)が値下げ、第3世代の非対応機種にiPhone6など

Appleが日本時間10月19日に発表したAirPods(第3世代)に

AirPods miniはAirPods Pro 2の可能性、防水IP68とも

2021年10月19日午前2時に開催するAppleイベントで発表が噂さ

→もっと見る

PAGE TOP ↑