Intel版MacBook Proが全て販売終了に、M1モデルの価格一覧

公開日: : Apple , ,

Appleが新たに発表した14インチと16インチのMacBook Proリリースに先駆けて、Intelプロセッサを搭載したMacBook Proの販売が終了した。

これにより現行モデルは全てM1チップ搭載モデルとなっている。

Mac 20211019114146

Intel版MacBook Proが販売終了に

Appleが10月26日より14インチと16インチのMacBook Proを発売、それに伴い次の端末が販売終了となった。

  • 16インチMacBook Pro(2019年)
  • 13インチMacBook Pro(2020年)

今後は下記のProモデル3機種とAirモデル1機種が直販サイトで販売されることになる。

  • MacBook Air(M1、2020):115,280円〜
  • 13インチMacBook Pro(M1、2020):148,280円〜
  • 14インチMacBook Pro(2021):239,800円〜
  • 16インチMacBook Pro(2021):299,800円〜

上記で興味深いのは2021年モデルから「M1」の表記がなくなっていること。

macOS端末では未だiMac / Mac Pro / Mac miniでIntelモデルを販売しているが、予定通り全機種が2022年中にAppleシリコンへ移行していくことになりそうだ。

私はIntel版MacBook Pro(RAM16GB / 2018)で使っている主力アプリの幾つかが正しく動作しなかったため、30万円も出して購入したM1搭載Mac miniを使っていない。あれから時間も経ちアップデートで対応済みしれないが、端末間のアカウント移行が手間で二の足を踏んでいる。

SNSでは新モデルについて「オーバースペック」という言葉が飛び交っている。安い買い物ではないので古いIntelモデルからの乗り換える際はbootcamp非対応なこと、主力アプリが使えるのかなど事前に調査し、状況に応じて家電量販店や整備品などを含めた最終のIntelモデルを検討することもおすすめしたい。

Soruce:Apple Mac比較ページ

よく一緒に閲覧される記事

iPadメモ帳ケース活用術、紙1枚で成長「白紙法」の話

先日購入したiPad mini 6のメモ帳ケース、Apple専用品では

iPhone 14はノッチ廃止やRAM8GBなど4項目をアップグレードか

Appleの次期iPhoneについて、カメラレンズの仕様が変わりノッチ

第3世代iPhone SEは2022年Q1に発表か、5G対応など

次期iPhone SEについて台湾の調査会社が2022年の第一四半期(

→もっと見る

PAGE TOP ↑