Raspberry Pi 4が初の値上げ、半導体不足が影響

公開日: : 周辺機器

英ラズベリーパイ財団は現地時間2021年10月20日、世界的な半導体不足の影響により「Raspberry Pi 4」としては初となる値上げに踏み切ることを報告した。

「Raspberry Pi 4」初の値上げ

ラズパイといえば、英ウェールズと愛知県にあるソニーの工場で製造を行なっており、同財団はソニーの協力もあり半導体不足の中でも運転できていると感謝を伝えた。

2020年はパンデミックによる自宅自粛の影響で大幅な需要増となり、今年も更なる増加を期待できたが半導体不足により2021年の生産数は2020年と同じ700万台にとどまっているという。

また、この半導体不足は2022年中も続くと予想。

そして、この度Raspberry Pi 4の2GBモデルを初めて値上げ。その代わりとして1GBモデルを35ドルで復活させる。この1GBモデルは2GBモデルの値下げに伴い販売中止となっていた。

RaspberryPi4

愛知県の日本版ラズパイはXperiaスマートフォンと同じ生産ラインで作られており、高い品質のため仮に値上げしても安価に思えてしまう。

なお、基盤の中央に技適マークが付与されているのがSGMO社(ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズの略)の日本製ラズパイ。

アマゾンで「Raspberry Pi 4」を検索するとキットを除いて在庫切れとなっていた。(Amazon検索結果ページへ)

Source:Raspberry Pi

よく一緒に閲覧される記事

初回10%還元、ANKERポータブル電源「PowerHouse 256Wh」発売

Anker Japanは12月7日、一般的なポータブル電源に比べて約6

ドンキがAndroid搭載のチューナーレス・スマートテレビ発表、価格・発売日

ドン・キホーテは12月6日、オリジナルブランド「情熱価格」より「あえて

ゲオのモバイルQI充電器「SGBD-MCB02」購入レビュー

先日ゲオで注文したワイヤレスチャージャーマルチケーブルボックス「SGB

→もっと見る

PAGE TOP ↑