ソフトバンクがLINEモバイルを吸収合併、今後のサービスについて

公開日: : ソフトバンク ,

ソフトバンクは2021年10月22日、株式を100%取得して完全子会社としていたLINEモバイルを吸収合併すると発表した。

効力発生日は2022年3月1日。

Softbank 20211022192910

ソフトバンクがLINEモバイルの吸収合併。

これまでLINEモバイルが提供していた通信サービスについて、ソフトバンクは次のように説明している。

本合併後 も LINE モバイルの MVNO サービスは当社が継続して提供します。

5G通信の提供については、次のようにコメントしている。

高速大容量5G(新周波数)は、限定したエリアで提供します。5G をご利用になる場合、5G 対応の機種が必要です。

続いてLINEモバイル公式ブログの発表内容を確認すると、サービスについては「LINEモバイルをご利用中の皆様は、2022/3/1(火)以降も、引き続き現在の契約内容でご利用いただけます。」と説明している。

また、LINEモバイル契約者にソフトバンクのプランを強制移行することはないとのこと。

<関連記事>
UQ mobileからLINEMOへ乗り換えた5つの理由(MNP)

Source:LINEモバイル公式ブログ / ソフトバンク(PDF

よく一緒に閲覧される記事

ソフトバンクがLINEモバイルを吸収合併、今後のサービスについて

ソフトバンクは2021年10月22日、株式を100%取得して完全子会社

ワイモバイル、月額1980円からの5Gプランを3つ発表

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄がモバイル通信サービス「ワイモバイル」

ソフトバンクが月額6580円「メリハリ無制限」発表、テザリング制限などドコモと違いも

ソフトバンクが12月22日、4Gと5G向けの新料金プラン「メリハリ

→もっと見る

PAGE TOP ↑