ヨドバシでは24,800円、3型「Jelly 2」の特価4,000円は買いか

公開日: : 最終更新日:2022/01/20 スマートフォン

昨日goo Simsellerが3型「Jelly 2」を4,000円で販売するキャンペーンを記事にしたが、改めてスペックを見直すと超小型スマートフォンらしからぬハイスペック、価格も調べるとヨドバシドットコムで24,800円かつ1%還元の248pt(ヨドバシへ)の渋い値段設定だった。

OCNモバイルONE音声契約の最安プランさえ即解約しなければメルカリなどで売却することも可能だ。

この記事では各ストアとの価格比較、端末をメルカリ売却時にOCNの維持費が実質いくらになるのかなど調査した内容を記録する。

(記事内は全て2022年1月時点の税込表示)

3型「Jelly 2」が特価4,000円は買いか

はじめに価格コムを見てみると最安で24800円、最高額は27162円(価格コムへ)となっていた。18件のレビューが投稿されており、同じ小型スマホ「rakuten mini」と比較した感想なども投稿されている。

次にAmazon.co.jp販売を探したがマーケットプレイスしかなく、結局goo Simsellerの販売するアマゾン向け価格17597円(アマゾンへ)が最安(発送は1〜3週間以内)だった。
この価格はNTTコムのOCNモバイルONE公式(NTTコムへ)と同じだが、同サイトからの申し込みではMNPの13000円OFFとオプション同時加入1000円OFFが用意されているので契約状況によってはECサイト経由の申し込みは損をするだろう。

OCNモバイルONEの最安維持費とメルカリ売却時の金額

ここでは「Jelly 2」を使わずに売却し、端末の売却益と無料でモバイル通信サービスだけ利用するプランを考える。

同時契約が必須となるOCNモバイルONEは対象プランの最安で月間1GB=月額770円(初月無料)、公式の最安プラン500MBコースは選べないので注意。

上記のほかに初期手数料3300円が発生する。

現在の最低契約月数については知らないが6ヶ月間だけ契約したとして初月無料のため770円x5ヶ月分=3850円の通信費、初期3300円で総額7150円の費用が発生する。

次にメルカリでSIMフリー端末「Jelly 2」を売却した時を考えよう。

メルカリで検索すると新品未開封で2万円もあったが、即売却を目指して平均的な16000円にて売却したとするとメルカリ販売手数料10%が発生する。

送料については「SOLD」を見て回ったところ「らくらくメルカリ便」(ヤマトへ)が多く、新品未開封の場合は化粧箱が宅急便コンパクトの厚み以上なので60サイズ=700円となり、総費用は1600+700=2,300円となる。
(恐らくゆうパケットプラス(郵便局へ)の厚さ7cm以内に収まらないのだろう)

上記を差し引きすると売却益は13700円、ここから通信費用7150円を引くと6550円が手元に残る。

これにより次の様な結果となった。

  • メルカリ:「Jelly 2」売却で16000円→端末なし
  • OCNモバイルONE:▲7150円→6ヶ月間は使用可能
  • 上記の差し引き:6550円

少し手間はかかるがモバイル通信契約を無料で6ヶ月間(7150円分)使えて6550円が手に入る可能性がわかった。

Jelly 2を売らずに使うとしても端末4000円+初期3000円+通信7150円=総額14150円なのでヨドバシなどで端末だけを購入するよりはお得と言えそうだ。

→最新のセール対象機種はgoo Simseller楽天市場店

goo Simsellerのセール詳細は以下の記事より確認できる。

前回→RAM6GB/3型「Jelly 2」が4,000円など、goo Simseller「人気スマホの格安セール」開催中

よく一緒に閲覧される記事

6.6型AQUOS R7発表、1型センサー搭載スマホのスペック

シャープは5月9日、集光量やAF速度が大幅に向上したという1インチイ

Unihertz、Titan Slimは5月10日にKICKSTARTER公開と発表、アップグレードも予告

Unihertzが最新スマートフォン「Titan Slim」

RAM18GBモデルは在庫切れに、本日よりゲーミングスマホ「REDMAGIC 7」日本発売

ZTE傘下の中国スマートフォンメーカーNubia Technolog

→もっと見る

PAGE TOP ↑