Fire HD 10 Plusが単独セール開始、過去最安と価格比較

公開日: : Amazon Kindle ,

アマゾンジャパンが人気のFireタブレット・シリーズの最新モデル「Fire HD 10 Plus」を単独で値下げするセールを実施している。

今回は32GBモデルは値下げ対象外となり、珍しい64GBモデル限定となっていた。

この記事では製品特徴と過去セールとの価格比較を記録する。

Fire HD 10 Plusが単独セール開始

今回のタイムセール対象となったFire HD 10 Plusは2021年4月27日に発表、5月26日より発売した最新Amazonタブレット。

FireタブレットのPlusシリーズとしては2機種目となるFire HD 10 Plusの新機能は次の項目が挙げられる。

  • Fireシリーズ最大にして唯一のRAM4GB
  • ワイヤレス充電に対応
  • (シリーズ初)画面分割に対応
  • (シリーズ初)専用キーボードに対応

これまでFire HD 8 Plusが小さい画面では唯一のRAM3GBということで注目されたが、Fire HD 10 Plusは遂にRAM4GBとなった。また、1つの画面で2つのアプリを同時表示できる画面分割を新たにサポート、増量したRAMを最大限に使い切れる端末と言えるだろう。

さらにFire HD 10 Plus専用のMade for Amazonキーボード付きカバー(別売)に対応、これまでFireシリーズはAmazonのコンテンツ消費を促すための課金端末だったが、ユーザーの生産性を支援する端末へと舵を切ったのは大きな衝撃だ。

FireHD10Plus

他にもスタンドとして機能する純正カバーも発売される。

スペック、主な仕様。

Fire HD 10 Plusは画面サイズ10.1インチ、1080pフルHDディスプレイ(1920×1200)、解像度224ppi、強化アルミノシリケートガラスのスクリーンを備えている。

その本体サイズは247 x 166 x 9.2mm、468g。

プロセッサは2.0GHz オクタコア、RAM4GB、内部ストレージは32GBと64GBを用意、外部メディアはmicroSDカード最大1TBまでサポート。

インターフェイスはUSB-C(2.0)に対応、9W充電アダプタにより4時間ほどでフル充電できるとしている。また、ワイヤレス充電規格Qiに対応、記事末尾のリンク先より対応デバイスをチェックできる。
その他、3.5mmステレオジャックと内蔵Dolby Atmosデュアルステレオスピーカーを搭載。

カメラは前面200万画素、背面500万画素。720p動画撮影に対応している。

センサーはアクセロメータ、環境光センサーを備え、GPSは非搭載のためWiFi経由で現在位置を特定するとのこと。

過去セールとの価格比較

FieHD10Plus

Fire HD 10 Plusのカラーバリエーションは黒の1色展開、単体とワイヤレス充電スタンド付きが選べる。

今回のセールで価格は次のようになっていた。

  • 32GBモデル:通常18980円→値下げ対象外
  • 64GBモデル:通常22980円→特価16,980円(26%OFF)

この64GBモデルに関しては2022年3月に実施されたAmazonタイムセール祭りに行われた下記のセール価格と同じになっている。

  • 32GBモデル:通常18980円→特価12,980円(32%OFF)
  • 64GBモデル:通常22980円→特価16,980円(26%OFF)

次に過去セールを見てみると発売日から本日までの377日間で、過去最安は2021年6月20日〜21日まで行われたタイムセール祭りの目玉特価15,980円となっていた。

それ以降の祭りでは17980円や17280円などの値下げとなっていることから、今回の16,980円は過去最安に次ぐ底値となる。

→最新の在庫状況はAmazonのFire HD 10 Plus(64GBモデル)の販売ページ

(追記)注文しました。
Fire HD 10 Plusを注文、欲しい理由。

よく一緒に閲覧される記事

Fireタブレットの1軍入りを目指す設定集(2022年5月版)

この記事ではFireタブレット(主にFire HD 10 Plus)

Fire TV Stickを携帯Linux化(Termux)、ポケットPCにした感想。

先日からブログとYouTubeでFireタブレットにUbuntuをイ

Fire 7 (2022)発表、USB-C採用などスペック・価格・発売日

アマゾンジャパンは5月18日、Fireタブレットシリーズより第12世

→もっと見る

PAGE TOP ↑