Fire HD 10 Plusを注文、欲しい理由。

公開日: : 最終更新日:2022/05/12 Amazon Kindle ,

本日セール記事で取り上げたアマゾンの最新タブレット「Fire HD 10 Plus」(第11世代 – 2021年発売)を注文した。

これまでFireタブレットは新モデルが登場するたびに全サイズを購入していたが唯一、手を出さなかったモデル。なぜ今さら注文したのかというと「ようやく、やりたいことが見つかった」から。

タブクルのメインコンテンツの1つになっているようにも思えるFireタブレットのカスタマイズ記事、数年前からYouTubeでカスタマイズ方法がシェアされていくのをみかけて、役割を終えたようにも思っていたが、いざ自分がYouTubeを始めてみると、まだまだ試すべきことがあった。

それが購入理由。

たとえば・・・

Fire HD 10 Plusが欲しい理由。

例えば、過去にレビューしたワイヤレス充電に対応したFire HD 8 Plusは手放してしまったあとで、いくつか試したいことがみつかった。それを同じQi対応のFire HD 10 Plusで試したい。

また、Fire OSのベースであるAndroid OSもアップデートを重ねて進化、過去のレビューでは失敗に終わった試みも成功するかもしれない。

Fire HD 10 Plusの基本スペックはRAM4GBに1920×1200、内蔵Dolby Atmosデュアルステレオスピーカーと実用性があり、カスタマイズするのが今から楽しみだ。

過去のカスマイズは文字と数枚の画像で伝えるしかなかったが、今はYouTubeから動画でカスタマイズ方法をシェアできるので、ブログ記事では上手に伝えられなかった箇所をクリアできるかもしれないし、動画に対してブログ記事で補足という分業が「見やすさ」につながるような気もしている。

明日にはFire HD 10 Plusが到着するので、届き次第レポートしていきたい。

→注文したモデルのFire HD 10 Plus販売ページ

続き→FireタブレットはLinuxデスクトップ環境とFire OSでの運用が良い話。
前回→Fire HD 10 Plusが単独セール開始、過去最安と価格比較

よく一緒に閲覧される記事

Fireタブレットの1軍入りを目指す設定集(2022年5月版)

この記事ではFireタブレット(主にFire HD 10 Plus)

Fire TV Stickを携帯Linux化(Termux)、ポケットPCにした感想。

先日からブログとYouTubeでFireタブレットにUbuntuをイ

Fire 7 (2022)発表、USB-C採用などスペック・価格・発売日

アマゾンジャパンは5月18日、Fireタブレットシリーズより第12世

→もっと見る

PAGE TOP ↑